Archive
 Thunderbird モディファイシリーズ(?)の最後は、更なる弾き易さの向上を目指しました。



IMG_1841.jpg ThunderbirdのハムバッキングPUのカバーの角には大きく丸面が取ってあって、FenderのPUのスクエアな角に当てるのに慣れた私の親指にとっては、固定がし辛い感がしました。そこで両PUの4弦側に5mm厚の透明アクリル板をカットしたものを貼付けしました。


IMG_1839.jpg 貼付けは透明の1mm厚の両面テープを使って行い、貼るテープの枚数を変えて前後のPUと弦の距離を勾配に合せています。貼付け箇所は両PUのエスカッション上なので、ボディの塗装に悪影響は及びません。


 取付後にこれをサムレストとしてプレイすると、とても弾き易くなったのが実感できました。



 モディファイの最後です。このThunderbirdWishbone Ashのトリビュート・バンドで弾いているのですが、ここのベーシストのマーチン・ターナーはピック弾きがメインです。彼は2人のギタリストが単音でメロを弾く際に、すかさずベースを2音または3音で弾いてバックのサウンドが薄くならないようにフォローしています。私は指弾き人間なので、この和音弾きをコピーするとなると、曲中で瞬時にピックに持ち替える必要があります。

IMG_1843.jpg そこで、一工夫してみました。ボディの4弦側の側面にネオジウム磁石を両面テープで貼付けました。


IMG_1847.jpg ピックの真ん中にドリルで穴を開けて、PUをバラして取出したポールピースを薄く削ったスライス磁石をはめ込み、透明テープで押えています。このピックをボディ横のネオジウム磁石に貼付けしました。


 これで、曲中で指弾きから瞬時にピックを掴む事が出来ます。ピックを戻す際も強力なネオジウム磁石にパチッとくっつくので簡単です。



 これまでのモディファイによって、元々はフェンダリアンである私でもかなり楽にThunderbirdをプレイする事が出来るようになりました。と、ここまで来て未だこのThunderbirdの出音をお伝えしていない事に気付きました(汗)。次回はその辺りを説明します。
スポンサーサイト
DSCF2117.jpg


 10月24日の夜、私の地元にあるCafe & Kitchen【にちにち食堂】の内外を知合いのキャンドルホルダー作家のムラカミくんが並べたキャンドルの灯りが柔らかな雰囲気を演出する中で、その雰囲気にとてもマッチするライブが催されました。

DSCF2122.jpg         DSCF2125_20121026210850.jpg


 広島の“癒し系オリジナルバンド”こゆみこが、自身のファーストCDが再リリースされたのを記念してのライブツアーの一環で、こちらに来られました。

DSCF2128.jpg


 こゆみこのファーストCD“ガラスの箱”は私も大好きなCDです。寝る前に聴いていると、いつの間にか寝入ってしまいます。カーステレオでは3曲以上を聴くと危ないです!居眠りしてしまうので・・・(笑)。そんな心地良い演奏に地元のお客さんも目をつぶり心地良さそうに聴き入っていらっしゃいました。

 こゆみこのメンバーは広島地区を問わず広い範囲で活動されている腕利きミュージシャンで結成されています。どなたもオールジャンルをこなせるプレイヤーなのですが、このこゆみこというバンドでは、オリジナルを中心にしっかりとアレンジされ練習を積み重ねて一つのこゆみこサウンドを築いていらっしゃいます。

 Jazz系のミュージシャンのライブでは各々のテクニックの応酬が聴かせ処となるのですが、こゆみこでは各メンバーが曲をとても大事にされてプレイしているのを強く感じます。長年、同一メンバーで続けてこられた深みも感じられますね。

 カーステで3曲以上を聴くと“危ない(笑)”こゆみこのCDは、オフィシャルHP内で入手出来ます。秋の夜長に如何でしょうか?
 先週末、出張で上京した折に私の空き時間と合せていただき、私のblogにコメントをいただいているマチャさんのスタジオを訪問してきました。

 都心から少し外れた閑静な街にあるマチャさんのお宅の敷地内に在る別棟の1階を改造したのがNRS-STUDIOです。自分の家の隣にマイスタジオがある環境って素晴らしいですね。私のスタジオ(工事現場事務所用のコンテナ・ハウスとも言いますが・・・笑)は自宅から車で十数分掛ります。

DSCF2103ABC.jpg


DSCF2105.jpg ミニライブならば十分に開催が可能な広さのスタジオの一角には機材を納めたラックと、壁にはベースが掛けられていて、いつでも音出しOKの状態です。機材の詳細はマチャさんのblogをチェックしていただく事にして、さっそく何本かのベースを弾かせていただきました。


 マチャさんのblogをご覧になれば分かると思うのですが、マチャさんはベースアンプからの出音とPAシステムからの出音が同一なるようにと、こだわって工夫をされている方です。足元とラック内のエフェクターとを駆使して自分の望む出音となるようにコントロールされています。

DSCF2109.jpg           DSCF2110.jpg


 私はどちらかと言うと、シールド1本、アンプ直、EQフルフラットが好みなのですが、マチャさんのシステムから出てくるベース音に違和感を覚えなかったです。マチャさんが現在組んでおられるバンドが一昔前のポップスをレパーリーにしているという事で、私と好みのベース音が近いのかもしれませんね。

DSCF2107.jpg マチャさん一押しがこのFender JapanのJVシリアルのプレベです。メイプル指板の要因もあるのか、トマスティックのフラット弦を張っているにも係わらず、メリハリの効いた出音でした。


 マチャさんに「これが私のバンドのマイナス・ベース音の音源です」と聴かされた曲は殆ど以前私がやった事のあるもので、その音源に合せて何曲もベースを弾いてしまった私でした(笑)。個人練習するのには最高の環境ですね。

 マチャさん、今回は時間調整してお招きしていただきありがとうございます。次回はもっとゆっくりとお話したいです。その際もよろしくお願いします。

 追記:スタジオの隣の部屋にはゴルフのティーショットの練習が出来るコーナーがあるのですよ!驚きました。
 Thunderbirdを弾いた事が無い方も「Thunderbirdは“ヘッド落ち”して弾き難い」という話を見聞きした事がある思います。このEpiphoneThunderbirdもご多聞にもれず、ちゃんと“ヘッド落ち”します。左手でハイポジを押さえたとたんにヘッドが下がってきて、左手がローポジに戻る時には「そ~れっ」とばかりネックを押上げる必要があります。これではストレスだらけで、まともにプレイする事は出来ません。

 そこで、前回のエントリーの「ボディ表側のルックスをヴィンテージ風味に仕上げる」というテーマとは変って、今回は「“ヘッド落ち”しないThunderbirdにする」をテーマにモディファイを行いました。果してその結果は・・・?



IMG_1853.jpg 先ずは何と言ってもヘッドが落ちる(下がる)のを解消するにはヘッドを軽くする軽量ペグに交換するって事です。元々同形状のGOTOHのペグが付いていたので、それを手持ちの軽量ペグに交換しました。元は逆巻きだったのですが、換えたのは順巻きです。Thunderbirdのネックは長くて、特に1弦用ペグは体から遠い所にあるので、締付ける際には順巻きの方がやり易く感じています。




IMG_1850.jpg ペグ交換だけでヘッド落ちがしなくなるなんて、Thunderbirdはそんなに簡単に扱い易くなるベースじゃないです!(汗)。

 次ぎに行ったのは、ストラップピンの追加(位置変更)です。元は4弦側の肩とボディーエンドにあるストラップピンですが、ここにストラップを取付すると“ヘッド落ち”と、手の短い日本人には“ヘッドが遠くなる”という2重苦がベーシストに科せられます。

 そこで考えた結果、左画像の赤矢印の位置に新規のストラップピンを追加で取付しました。ネック取付部の追加はよくあるのですが、“肝”は表側で言うとリアPUの位置辺りに取付けたピンです。元のピンにストラップを付けるのよりも肩で吊るセンター位置がヘッド側に移動するのと、ピン間の距離が短くなりストラップの開き角度が狭くなりストラップで体を挟むようになり結果としてヘッドが下がり難くなりました。

 後ろ側のピンの位置はもう一つのメリットがあります。リアのピンがボディの中止線上にあるエンド部だと、ボディが回転して全体が前屈み状態になって弾き辛くなってしまうのですが、新たなリアのピンの位置だとボディを吊り下げる事になり前屈みは解消されました。リアのピンはそのままにストラップをボディ表側に回してThunderbirdやギターのFirebirdを吊る方もいらっしゃいますが、私はルックス的に好みではないです。

 そしてボディに新たに追加ピンを取付けるなんて、中古のEpiphoneだからこそ出来たモディファイです(笑)。



IMG_1747.jpg これまでのモディファイ後のチェックで、完璧な“ヘッド落ち”の解消とは至らなかったので、“奥の手”を出しました。ボディ裏側のコントロールキャビティの蓋を外して、その内側に鉛の板を貼りました。キャビティの彫り込みに合わせて、かつプラグが干渉しない形状に1mm厚の鉛板をカットしてそれを3枚貼った後に重量バランスチェックを行い、これでは重過ぎたので一部を外しています。鉛の重量は2百g程度となっています。軽量ペグにしてヘッドが軽くなったのと同程度の重量がこちらに移動したとも言えます。

 このモディファイには良い副作用もあって、ボディ側を重たくすることでマホガニーの“ぼやける”ボディ鳴りの要素が薄まり、弦の響きとコンプ感が向上して聴き取り易いベースサウンドとなっています。



 以上のモディファイ後には、世界でただ1本と思われる“両手を離してもヘッド落ちしない”Thunderbirdが出来上がりました。(大袈裟ですね・・・笑)
 ボディ&ネックの表側のモディファイ箇所を説明します。先ずはピックガード(以下PG)から。画像左のPGが右の様に変っています。うーん、細か過ぎて分からないですか?(汗)。

IMG_1727.jpg        IMG_1739.jpg


 アップで説明します。オリジナルのPGの面取り部です。小口のカットがかなり立っています。これをヴィンテージ風味にすべく、先ずはカッターでサクサクと削って面取り角度を緩やかにしました。

IMG_1729.jpg        IMG_1731.jpg


IMG_1734.jpg 次ぎに、ヴィンテージPGは白黒白の3プライなのですが、これを再現する為に1mm幅の黒の罫線テープを面取りのセンターに貼り回ししました。その後にはテープが剥がれるのを防ぐ為に、面取り部分を艶消しクリアーラッカーで塗って保護しています。


IMG_1833.jpg ベース本体に取り付けると、パッと見、擬似3プライとは分からないです。


 この3プライのPGは現行品として入手出来ない訳ではないのですが、今回のモディファイのサブ・テーマは“チープに(お安く)”だったので、アイデアで切り抜けました。一連のモディファイで一番高かったのは、前回のセパレート・ブリッジですが、これもUS50ドル弱(4,000円弱)+国際送料でしたので、お安い買物でした。



IMG_1831.jpg これだけは“本物”です。ストックしていた67年のEB-0用のエボニー製フィンガーレストです。ビスは他の物を流用してネジ部をカットして、フィンガーレスト自体は両面テープでPGに貼付けしています。




IMG_1816.jpg トラスロッド・カバーは“Epiphone”のレタリングをシンナーで消して、リプレイスメント用の水転写デカールの“Gibson”を貼付けしました。


IMG_1828.jpg デカールをヘッドに貼る場合は保護の為にクリアーを吹くのですが、弦の下になるトラスロッド・カバーなので、保護はいまのところ行っていません。

 “本物”のペグ・ブッシュはリングの部分の幅がもっと狭いのですが、これについては見て見ぬふりをしています(汗)。
 入手したEpiphone JapanThunderbirdを私のイメージするところの60年代のオリジナルGibson Thunderbirdに近づけるべくモディファイを施しました。先ずはご覧になって一番に目に留まったであろうブリッジについて説明します。

IMG_1754.jpg Epiphone JapanThunderbirdには、76年に再生産されたGibson Thunderbirdと同じタイプの3点支持のブリッジが取り付いていました。ちなみにEpiphone Japanはミリ規格、本家Gibsonはインチ規格という事で、同じ3点支持のブリッジでも各パーツに互換性はありません。サドル高さも全く異なっています。


IMG_1837.jpg このブリッジをオリジナルと同じ、ブリッジとテイルピースがセパレートしたものに換えようと試みました。しかし色々と探したのですが、このブリッジがヴィンテージ・パーツとして出回る事は希少で、仮に探したとしても今回入手した中古のベース本体を上回る価格となるのは必至だったので、新品パーツとしてe-Bayで見つけたのが左のブリッジです。


 おそらくはオリジナルのThunderbirdのリプレイスメント・パーツとして作られたであろうこのブリッジは、ブリッジ本体はサドルの可動範囲が大きい為にサイズが大きく、又テイルピースはスクウェアな形状でこれまたビッグサイズとなっています。両方ともに材質は真鍮なので、3点支持のブリッジと比較してもそれ以上の重量があります。バダスと同じ設計意図で、ブリッジに質量を持たす事でマホガニーのボディ鳴りの影響を受け辛くして、弦の響きを優先しているのでは?と考えています。実際にこのブリッジに交換後の出音はマホガニーのモコリ感が薄らいで、歯切れが向上しています。

15.jpg ただし、左画像のオリジナルの63年Thunderbirdと見比べたら、やはりそのひと回り大きいサイズが気になるところです。という事で、実は次なるブリッジを既に手配しているので入荷したら取付して説明します。3点支持のブリッジのスタッドアンカー跡は今は未だ仮に塞いでいるもので、ブリッジが確定したらちゃんと埋木しようと考えています。


IMG_1835.jpg ブリッジの近回りなので、ついでに・・・。ボリューム&トーン・ノブはEpiphoneのブラックからヴィンテージと同様のゴールドに交換しています。
 さて、いよいよ最近入手したThunderbirdについて説明します。

IMG_1822.jpg


 先ず最初にお伝えしておきます。一見、ミントコンディションのヴィンテージThunderbirdと思われるこのベース、Gibsonじゃなくて実はEpiphone Japanです(汗)。

 Wishbone Ashという英国のバンドのトリビュートバンドを立ち上げたのですが、そこのベーシストのマーチン・ターナーThunderbird使いなのです。



 建国記念のGibson Thunderbirdを持っているのですが、それはナチュラル仕上げで、マーチン・ターナーの持つサンバーストとは色が異なり、そしてなんといっても彼のThunderbirdは60年代初期のオリジナルなので、建国記念モデルとはパーツ等が異なっているのです。更にお出掛けライブ等で気軽に持ち出して使うには、一応のヴィンテージである76年の建国記念モデルは気が引けるところでした。

IMG_1827.jpg


 そこで考えたのが、「ヴィンテージThunderbirdっぽいルックスのベースを入手して、パーツ交換等を行って、私がイメージするところのThunderbirdに近づけてやろう」という事でした。そのベース(元)となるベースがEpiphone JapanThunderbirdだったのです。その拘りの部分はおいおいと説明する事にします。
 10月8日(月曜日)は熱帯JAZZ楽団のコンサートを聴きに隣の隣の市に出かけました。熱帯JAZZ楽団の島根県内での公演は初めて、更に宝くじからの助成があってチケットは驚きの2,000円です。これは行かねば!と言う事で、熱帯JAZZ楽団のトリビュートバンドのTAPASCONのメンバー(関係者も含む)20名で会場一番乗りを果した私達でした。

熱帯JAZZ10.8


 最前列に陣取ってのライブ鑑賞は最高の一言。音のバランス的にはホールの中程がベストなのでしょうが、自分がプレイするのと同じ楽器のプレイヤーの直前に座って、生音を感じながら聞耳を立てるってライブでしか体験できないですから。

 演奏内容は言わずもがな、この日演奏された曲の内でバンド譜が出ているものは全てTAPASCONのレパートリーだったので、聴き慣れた(演奏し慣れた)曲の際は大盛り上がりでした。その他の曲の際も当然盛り上がっていましたが・・・(笑)。

 曲によっては、CDに収録されているテンポよりホンの少し遅くなっているを感じたのですが、グルーヴとキレはCD以上で「やはり生演奏を聴くものだわ」と再認識した次第です。

DSCF2096.jpg 終演後のサイン会の後で、カルロス菅野くん(くん付けの訳は後述)を囲んで、TAPASCONのメンバー(一部)との記念撮影です。


DSCF2098.jpg カルロス菅野くんとは2年前のライブでも会っているのですが、実は学生時代に同じ大学内でバンドを組んでいました。当時は彼はヴォーカリストだったのですが、バイトでやっていたディスコの箱バンで、歌の無い曲の際の手持ち無沙汰解消の為にコンガを手に入れて以来この道にどっぷりと浸かっているという事になります。そのディスコの名前を私は忘れていたのですが、彼は「あっ、○○○○ねっ!」と覚えていました。懐かしかったです。しばしの間、昔話に花が咲きました。
 10月7日(日曜日)の夜は地元にある【にちにち食堂】で“にちにち夜ライブ”を催しました。これは私と私のバンドが日頃お世話になっている県外のバンドをお迎えして楽しもうという主旨でのライブです。各地から4組、そして私の新バンドの計5組のステージとなりました。



Boogie's soul (from 山口)
IMG_1777.jpg


 山口市周南市にあるライブハウス【Boogie House】に出入りするメンバーでつくられたBoogie’s soulです。ギターの松本ナリアツくんはこちらでもソロでお馴染みですが、今回はバンドを率いてRockなBluesを聞かせてくれました。

 ベースのチヂくんは、私がお勧めしたKen Smithのハーフラウンド弦を張った70年代初期のJBを使用していました。メイプル指板で明るめのキャラを持っているベースですが、ハーフラウンド弦を張りミッドが豊かになった出音にチヂくんは大満足の様でした。



矢田草吉 (from 久留米)
IMG_1780.jpg


 はるばる福岡県久留米市からお越しのリアル・ブルースマン矢田草吉さんです。爪が欠ける程のハードなピッキングとディープな歌声で、泥臭いブルースを聞かせてくれました。



ジャズフェスタ山口オールスターズ (from 山口)
IMG_1788.jpg


 毎年、夏のイベント“ジャズフェスタ山口”でお世話になる山口県内のトップ・ジャズ・ミュージシャン達で組まれたバンドです。王道Jazzの演奏にお客さんも満足気でした。

 ウッドベースの白石さんは山口Jazz会の会長さんです。私がサッとベースアンプのセッティングをして差し上げてのステージでしたが、一曲目の途中まではエレキベースアンプの音だったのが、その後は指でコントロールされたのでしょう、ウッドベースの音に変っていました。流石!としか言いようが無かったです。



YSDF (from 広島)
IMG_1789.jpg


 キュートなさやかちゃんのヴォーカルが楽しめたYSDFです。birdMisiaの曲を聴かせてくれました。

 ベースのマッキーBossaの5弦をプレイ。とてもミッドローの効いた落ち着きのあるベースサウンドでした。



ARGAS (島根)
10963108_1796683842_164large_20121011204348.jpg


 この夜の最後は私の新バンドARGASの初のステージです。結成2ヶ月、練習1ヶ月(汗)なので少々緊張気味のメンバーでしたが、地元のお客さんに囲まれての演奏を楽しむ事が出来ました。

 トリビュートしている70年代に活躍したバンドのWishbone Ashをご存知のお客さんは4名のみだったのですが、それぞれが当時しっかりと聞き込まれていた方なので、誤魔化しは聴かないぞ!との思いでプレイしたメンバーです。

IMG_1804_20121011203759.jpg ライブ直前に仕上げたThunderbirdをベース人生最長のストラップで吊り下げて演奏した私です。ヘッド落ちがしないようにモディファイをしているのですが、それでも長年Fenderを弾いてきた身としたらまだまだ弾き辛いです。後は慣れるか、気合で弾き辛さを克服するしかありませんね(汗)。


 今後しばらくはこのバンドで活動する予定です。ライブのブッキングに着手しています。
IMG_1768a.jpg


 明日(7日)のライブは、新兵器を携えて出撃です!
 先の日曜日の森本ケンタくんとのディオ・ライブが大盛況だった、広島のピアニスト折重由美子さんがバンドリーダーの、こゆみこがやってきます。

ガラスRE:koyumiko益田

 
 10年前にリリースしたファーストCD「ガラスの箱」(廃盤)に入っていた曲をライブで演奏する度に、「もうCDは無いのですか?」という問合せが多くて再リリースとなったようです。その再リリース記念のツアーです。私もこのCDが好きだったので、嬉しい限りです。

 日時/10月24日(水曜日) Open19:00 Start19:30

 場所/益田市中島町【にちにち食堂】 Tel 0856-23-6166

 入場料/2,500円 (別途 ドリンク、食事をオーダー願います)

 予約は【にちにち食堂】 Tel 0856-23-6166、スタジオY Tel 080-7086-2752、又は私へ・・・。

クラビオーラの優しい音色を聴いて癒されにお越し下さい。
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム