Archive
SB-2のブリッジをFenderタイプの軽量なものに交換してボディ鳴りの向上を狙った前回の作業では良い結果を得る事が出来なかったので、デフォルトのブリッジへ戻しました。

さて、これからどうしたものか?と考えた時にベース各部のビスの締め加減で“鳴り”がコントロール出来るという“都市伝説(?)”がある事を思い出してやってみました。

先ずはブリッジです。ブリッジの取付けの際はビスを回らなくなる少し手前まで締め込んでいたのですが、これを45°ほど緩めました。アンプからの出音をチェックすると、明らかにローが豊かになっています。「ほー、これは面白い」という事で、色々とやってみました。

その中で有効だったのは、ブリッジ両サイドのビスの締め具合の調整です。1~2弦は1弦側のビスを緩めるとモヤけてきたので、少し締めこんで歯切れが出るようにしました。3~4弦は4弦側のビスを更に緩めると、よりローが豊かになっています。画像で4弦側のビス頭が1弦側よりも出ているのはその為です。

ついでに、ネックジョイントビスの締め加減も調整してみました。3点止めなので、あまり緩めるとネックがコキッと動いてしまうのですが、そうならないギリギリまでビスを緩めると、こちらもローの鳴りが大きくなりました。4点止めならば、1弦側と4弦側のビスの締め加減を前述のブリッジの様に変化をつける事が可能かもしれませんが、3点止めでは自由度が少なくて無理でした。

以上、全て劇的な変化という事ではないのですが、それまでボディ鳴りの少なさに悩んでした状態と比べると明らかに異なっています。各部のビスを緩めた事による悪影響は発生していません。そんなにユルユルにはしていないですし・・・。

今回の調整を車のセッティングに例えると、車体剛性を上げてサスペンションをガチガチに固めて、コンマ何秒の違いを追及するF1と、サスは柔らか目でストロークを大きくとって乗り心地を優先したファミリーカーとの違いと言えるのではないでしょうか。

以前はF1好きでしたが、今の私はファミリーカーが好みということで、ベースにも同じ感覚を望んでいると言うことですね。コンマ何秒の立ち上がりの早さよりも少しダルなくらいなローの出具合の向上を求めていますので・・・。

以上でG&L SB-2に施したセッティング(というよりもモディファイ)は一通り終わりました。入手当初はどうなるものか?と思われた出音ですが、様々なトライ&エラーを経て私の気に入るものに近付いています。今回の一連のチェック&セッティングでは、100%気に入った音になる以上に多くのセッティングのノウハウが私の中に蓄積されたので、これはこれで満足です。ビンテージのベースでは躊躇する様なモディファイもたっぷりと行えました。これをやりたくてこのSB-2を入手したとも言えるので、充分に“元”をとっています(笑)。

そして、最後にこのベースの設計者Leo Fenderさんにお断わりを言わなくてはなりません。あなたがFender → Music Man → G&Lと進化させながら築き上げて来たこのベースの音を私は昔のFenderに逆戻りさせてしまいました。申し訳ありません。
スポンサーサイト
 これまでSB-2のPUやコントロール部に手を加えて、出音が好みになってきてはいたのですが、最後のハードルとして“ボディ鳴りの改善”という部分が残っていました。思うに、小振りなディンキーボディと重量のあるブリッジが要因となって、ボディが鳴るというよりも弦のみが鳴っているのではないかと・・・。先ずはブリッジを軽量にしてみようと考えてやってみました。

IMG_9725.jpg 画像の左が取外したデェフォルトのブリッジです。計量したら330gでした。右が新たに装着しようとするFenderタイプのブリッジです。重さは90gです。うーん、これならば弦振動がブリッジでスポイルされずにボディに伝わりそうです。


IMG_9735.jpg でも全く形状がことなるこのブリッジが上手く装着出来るのでしょうか?SB-2のブリッジプレート部のビス穴は4ヶ所ですし、ボディにはこの様な掘り込みが有ります。


IMG_9728.jpg Fenderタイプのブリッジプレートのビス穴は5ヶ所なので、穴を開け替えしました。メッキが剥げた箇所からは黄銅色の地肌が覗いています。このプレートの材質はスチールではなくて、真鍮系のようです。


IMG_9737.jpg この穴開け加工をしたブリッジを装着しました。掘り込みは上手い事隠れました。ブリッジ両袖の穴が2ヶ所見えていますが、ブリッジカバーのビス穴だと考えれば気になりません(笑)。


 この状態で先ずはアンプレスの生鳴りをチェックしました。ストラップでSB-2を吊って弦を弾くと、明らかにロー弦(3~4弦)の振動のお腹への伝わり具合がアップしています。アンプからの出音をチェックすると驚きました。これまでの歯切れ良い音は何だったの?って思うくらいのモコモコの音になっていました。

 確かにローの出具合は増えているのですが、こんなにモコるとは!?真鍮系のブリッジプレートが影響しているのでしょうか?実はこのプレートを装着する前に別のスチールプレートを試作して穴の位置等をチェックしていたのですが、そちらはもっとクッキリとした音像でした・・・。

IMG_9744.jpg これは使えないな~との判断で、ブリッジサドルを手持ちのチタンに換えてみました。うーん、モコっているようで、切れがあるようで、中途半端な出音になってしまって、コレもダメ出しです。さてどうしたものか・・・(汗)。
 前回までで、フロントPUをAntiquity ⅡPB用、リアPUをSJB-1へと、共にDuncanの物に交換してベーシックな音は気に入るようになってきたのですが、あまりボディ鳴りを得られないこのSB-2の特性(個性)の為に低域が少し物足りなかったのは事実です。PUは良さげだし、ボディ鳴りの向上は出来ないと思われるので、コントローラー内のコンデンサーでせめてハイを絞ってトーンを円やかなものとして、結果的にローの豊かさを得る作戦を考えました。

 元の2volの回路を変更して、(マスターvol+リアPU vol)+トーンとしました。私はリアPU主体の音作りをしないので、音量設定をしたリアPUの音をフロントPUに加えた後に全体の音量を決めるようにしました。ツマミ一つで音が絞れるので、最近はクリップチューナーを使っているチューニング時にも便利です。

 トーンコンデンサーは時間を掛けて決めました。私の他のFenderに取り付けしているダイレクトロンは今回不採用です。ダイレクトロンはどちらかと言うとミッドが立ってタイトな音となるので、今回望んでいるトーンを円やかなものとしたいという結果とはならないですから・・・。

 多くのコンデンサーをチェックした上で決定したのは、Moldedというビンテージコンデンサーです。「この音域を円やかなものとしたい」というイメージに一番近づいた出音でした。コントロール部のセッティングとしてはツマミ位置で、フロントPUに対してリアPU4~5割、トーンも7~8割の位置が良い感じでした。フロントPUのPBのイメージを主体にしつつ、リアのJB用PUで歯切れを補うというPJのコンビネーションが出来上がった感がします。
 新たなベースはメーカーに調整に出したので、その結果を待つ間にしばらく放置していたG&L SB-2を(私なりに)仕上げてみる事にしました。

 フロントPUをDuncanAntiquity Ⅱに替えて良い結果となったSB-2ですが、やはり出力がより大きくてキンキンの音色を持つオリジナルのリアPUとのコンビネーションはよろしくなかったです。

 では、リアPUを替えてみようと考えたのですが、リアPUの形状はG&Lオリジナルなので、そのPUキャビティの彫り込みにピッタリな形状の他メーカーのPUは無さそうです。うーん、じゃあPUのケース(外カバー)だけを使って、その中に他のPUを入れる事が出来ないのか、検討しました。

IMG_9130.jpg左画像の右側はDuncanJBタイプのPU、SJB-1です。SB-2はブリッジでの弦間がFenderのJBよりも狭いので、JB用のフロントPUの方なら全長が合いそうです。果たしてこれが、上手い事収まるのでしょうか?やってみましょう。


 はい、出来ました(笑)。

IMG_9138.jpg         IMG_9142.jpg


 カバーのポールピースの穴を若干補正しただけで、収まっています。両サイドの隙間にはウレタンスポンジを挿し込んでグラツキを防いでいます。

IMG_9630.jpg これをSB-2に装着してアンプからの出音をチェックしました。「おっ、これは良いわ!」Fender好きの私ですから、Fender用のPUが2個付いているので、当然といえば当然の結果です(笑)。小振りなディンキーボディに重た目のブリッジの為か、ボディ鳴りとしての低音は発生していないのですが、それを高品質のAntiquity ⅡのフロントPUが補ってくれている感があります。


 それにマッチングの良い、同じくDuncanSJB-1のリアPUでハイを少し足してやると、私のイメージするところのPJサウンドに近い音がアンプから聞こえてきました。

 やっとの事、SB-2から気に入った音が出てくれそうな気がしてきました。後はコントロール部に手を加えると、ベターなものとなりそうです。
 入手したこのベースですが、どうしても納得出来ない部分があって、楽器店(メーカー)にチェック&調整の為に送り返しました。

IMG_0033.jpg


 どんな結果となるのでしょうか?ブログ・ネタとしてはおいしいのですが・・・(汗)。
Ichiro.jpg ブルースロックの“雄”The Sonsのライブを昨日(3/20)山口市の仁保スタジオログハウスに聴きに行きました。




スーパーエレキング
IMG_0160_20120321213216.jpg


 オープニングの山口大の学生バンド(翌日が卒業式で、この日で解散だそうです)に続いては、知合いのケンコちゃんのバンド スーパーエレキングのステージです。ご覧の通りの、男は女装で、キーボードの女性は描きヒゲと作業服といういでたちで、オリジナルのロックを聞かせてくれました。

IMG_0155.jpg 目をつぶって聴けば、しっかりとしたバンドサウンドが鳴り渡っているのですが、目を開ければこの様子(有り様・・・笑)。とても楽しませてくれました。音がしっかりとしているので“キワモノ”とは感じられない、聴き応えのあるステージでした。

 左の写真は知合いのHANAくんからいただきました。HANAくん、ありがとうね。


IMG_0154.jpg ベーシストのヒロコちゃん(笑)のSWRのベースアンプのキャビネットには、ネオン管が装着されて派手さを一層アップしていました。持っているベースも“あの方”モデルですし、SWRから飛び出すスラップ音も“あの方”でした(笑)。




The Sons
IMG_0184.jpg


IMG_0176.jpg The Sonsのステージは“これがギターバンドだ!”と言わんばかりでした。ichiroさんのストラトは吼えまくり、ロジャー高橋さんはグッと沈むビートを刻んでいます。鮫島秀樹さん(以下鮫ちゃん・・・後述の理由より)は伸びがありつつも、音粒が立った(この辺りはさすがの“味”です)低音でバンドの底辺をウネらせます。ブルースロックをルーツとしたオリジナルを聞かせてくれたのですが、この辺りの曲が好みの私にとってとても心地良いものでした。


IMG_0165.jpg 鮫ちゃんは、お馴染みのAtelier Zのベースをシールド1本アンプ直での“漢仕様”でした。チューナーはKorgのクリップチューナー。重た目のアッシュ材のフルサイズボディが主流のAtelier Zなのですが、このベースは小振りなディンキーボディに見えます。ブリッジもFenderタイプの軽量なもので、この辺りは彼の好みを汲んだ仕様なのでしょう。


 ツイストでデビューして35周年(!)という鮫ちゃんですが、実は私と彼とはデビュー前の学生時代のバンド仲間でした。同じパートなので、同じバンドということはなかったのですが、彼がツイストでデビューする為に抜けたディスコの箱バンの後釜が私だったりしています。その箱バンには現熱帯JAZZ楽団カルロス菅野もボーカルで参加していました。あっそうそう、その箱バンのトラで元ハウンドドッグ橋本章司くんがドラムを叩きに来た事も思い出しました。古~い話しです・・・(笑)。

IMG_0169.jpg 10年前にも広島のライブハウスで出会ったのですが、その時から変わらずに“Rockしている”風貌の鮫ちゃんです。「自分もブルース・バンドをやっているよ」と言った私に、「ブルースって良いよね!」の返事の彼でした。
 全体像はこちら。

IMG_0060.jpg
 じゃ~ん!

IMG_0057_20120317071641.jpg
 ライブのご案内です。折重由美子さんと森本ケンタくんとのDuo Liveがこちらのキッチン・カフェ【にちにち食堂】で催されます。

20120401duo2a.jpg


 折重由美子さんは、こちらでもお馴染みの広島の“癒し系オリジナルバンド”こゆみこのリーダー、そして森本ケンタくんは広島地区で活動しているシンガーソングライターです。

 ライブタイトル “折重由美子 × 森本ケンタ Duo Live vol.10 10回記念~桜咲く編”
 日時 2012年4月1日(日曜日) 17時オープン 18時スタート
 料金 お一人 4,500円 (にちにちカレーセット 又はケーキセット付き) 
 会場 【にちにち食堂】島根県益田市中島町ロ195 ℡:0856-23-6166 http://nichinichi.main.jp/
 チケットお申し込み 折重由美子オフィシャルサイト http://www.y-pf.sakura.ne.jp/

 定員に達し次第、受付を終了しますので、お申込みはお早めにお願いします。
 弦を替えて好みの音に近付いてきた72JBですが、軽くメンテナンスをしました。

IMG_9641_20120311030022.jpg


 先ずは完全に固まってPUクッションとして機能しなくなっていたウレタンスポンジを交換しました。といっても元のスポンジは剥がさずに、その上に新たなウレタンスポンジを重ね貼りしています。この72JBは私が持っている古いベースの中でもオリジナル度を良く保っている方なので、干物状態(?)の元のスポンジも私にとっては貴重なものなのです。

 2弦のナット溝が他の弦の溝と比べて彫りが浅かったので、調整しました。

 指板にレモンオイルを塗り込みました。塗り込み作業はレモンオイルを指に付けて行っています。布とかティッシュですと、そちらに滲み込むオイルが勿体無いですので(笑)。

Lemon oil3 私が使っているレモンオイルはFreedom Custom Guitar Researchの製品です。粘度が高くて乾燥し辛いところが気に入っています。


 他のベースでは積極的にコンデンサーを取替えしているのですが、この72JBはコントロール部も手付かずのハンダバージンなので、このままにしています。この年代のJBに使われているコンデンサーは悪くはないと思っていますし・・・。ポット内部の洗浄のみを行いました。

 メンテナンスの最後には、各弦の出力の比較で弱かった3弦を増大する為に、薄く削った磁石(スライス磁石)をフロントPUの3弦のポールピースの頭に貼り付けしました。私の多くのベースに施している加工ですが、とても効果的です。もう20個くらい作っているので、製作のノウハウも確立してきました。 

IMG_0103_20120311192104.jpg         IMG_0101.jpg


 4弦のポールピース廻りにはクリアーフィルムを貼ってポールピースへのタッチノイズを防いでいます。 
 知合いのプロベーシストに貸し出ししていた72JBが戻ってきたので、久々に70年代のJBを弾いてみました。私の好みは60年(初期)のファットなものなので、しばらく振りの72JBをどのように感じたのでしょうか?

IMG_9642.jpg


 60年代半ば以降はPUがグレーボビンとなって、明るめで歯切れの良いキャラになっていくのは周知の通りです。これが私にとってはマスナスのイメージとなっていたので、これまで張っていたダダリオのラウンド弦のチェック後に、少し音をディープにする為にKen Smithのハーフラウンド弦“COMPRESSOR MEDIUM LIGHT”に張替して、アンプからの出音を比較する事にしました。


 先ずはラウンド弦からです。「う~ん、やっぱり軽い(汗)」最近はPBがマイブームとなっていて、4弦開放の地の底に沈む様なローが病みつきになっている私にとっては、物足りません。トーンを絞ってピック弾きで軽やかなポップスを演るのには向いているかもしれませんが、R&B・Blues等を日頃演奏する私にとっては軽すぎます(汗)。

ks_aacrml4b.jpg そこで、Ken Smithのハーフラウンド弦“COMPRESSOR MEDIUM LIGHT”に張替してみました。それもわざと少し使い古した弦にしています。「おっ、これだ!」先程とはうって変っての太さが出ています。“ズ太い”とまでは行かないのですが、曲の底辺を担うには充分なローが出ています。


 結果として手持ちのFenderに全て張った事になったKen Smithのハーフラウンド弦“COMPRESSOR MEDIUM LIGHT”ですが、フラット弦程にはモコらず、ラウンド弦程には“ビンビン”せずに、擬音で言えば“ゴーン”という感じで、3~4弦からは骨太いローが出ます。そして1~2弦もスラップ時にはしっかりと切れを出してくれます。

 少しテンション感がアップするので、トラスロッド調整が必要となるベースがあるかもしれません。又、とても錆び易いので夏季の汗には注意が必要です。あるショップから入手したら、新品梱包の中で既に茶色く錆びていたものもあります。更に4弦開放はどうしてもチューニングが高くなります。弦の腰が強くて4弦のナット部よりも1フレットに近付いたポイントが振動の支点となる為と思われます。4弦のチューニングは5フレットのA音で行っています。

 先日のバンド練習でも他の楽器の中からでも音の通りは良かったです。ベース本体のトーンは絞り気味、アンプのEQはローミッドを少しブーストして使いました。

 貸し出し前にはこのKen Smith“COMPRESSOR MEDIUM LIGHT”は試していなくて、ラウンド弦での底辺の無い音が気に入らずに、「このまま譲ろうかな?」とも考えていたのですが、弦を交換したら使える音になるのが分かったので、他の細かな箇所を調整して、もっと使いやすいベースにしていこうと考えています。
IMG_9899.jpg Ampeg SVT-VRのプリアンプ部のリード線をコネクターを介さずに基板に直結したのですが、スピーカーから聞こえるガサガサ音の解消にはなりませんでした。


IMG_9905.jpg でもこうやって一つ一つ不良の原因となる要素を潰していくしかないので、次の要因としての真空管とソケットをチェックしました。その結果、この矢印の真空管を動かすとスピーカーから少しのガサガサ音が出てくる事が分かりました。


 真空管の端子とソケットの接触不良が問題ならば、常に不良の状態となると思うのですが、私のアンプの場合は電源を投入して10分以上経過した後に不良状態となる事から、真空管が温まると状態が悪くなるのでは?と考えて、新品の真空管を入手して取替してみました。

IMG_9907.jpg これは取外した方で、SOVTEK社の12AX7WAです。同品番の物と交換しています。


 結果としてはこれもガサガサ音の原因ではなかったです。冷静に考えると不具合は2chあるインプット共に発生しているので、片方のchの真空管1本が原因という事は無いですね(汗)。

 と、私が手を掛けるのはこれまでです。ここから先はアンプ修理の専門店にお任せする事にします。
IMG_9750_20120229224133.jpg 私のスタジオにドカッと鎮座しているAmpegのアンプヘッドSVT-VRとスピーカーキャビのSVT-810です。One & Onlyな押出し感充分の出音が気に入って使っているのですが、ここ最近はアンプヘッドSVT-VRが不調になる事があり悩みの種でした。




 その症状は以下です。

電源スイッチを入れてからしばらくしてスタンバイスイッチをオフにしても(音が出ない)スタンバイ状態が2~3分続く事がある。
突然スピーカーからガサガサ音が聞こえて、音量が小さくなって、最後には音が出なくなる。この時にはスタンバイスイッチを入切したら復帰する事もあるし、そのまま音が出ない事もある。
次の日に使うと問題なく使用出来て、その良い状態が2~3ヶ月続く事がある。
状態が悪い時はチャンネル1も2もダメ。



 この内容をあるアンプ修理店に相談したところ、以下の回答が帰ってきました。

Ampeg SVT-VRは特にその様な症状が頻発する機種です。
原因は多数あるのですが、主にプリアンプ回路の基盤コネクタの接触不良がおきやすいです。
対策としては全てのコネクタをハンダ付け直結にしてしまう方法になります。
またプリ管のソケットも接点不良になりやすく、スタンバイスイッチもコネクタが外れたり接触不良になります。



 「Ampeg SVT-VRは特にその様な症状が頻発する機種です。」なんて、正規代理店の神田商会に問合せしたら絶対に帰ってこない返事ですよね(笑)。対処方を読んでみたら、ある程度までは自分で出来そうなのでやってみる事にして、アンプ本体から問題視されているプリアンプ部を取外しました。

IMG_9751.jpg 基盤間を繋いでいるコネクターを触ってみると、確かにユルユルの接触状態のものがあります。そこで、このコネクターをプリ基盤から全て取外してリード線を基盤直結にする事にしました。


 ハンダを溶かしてコネクターを外して、そこに接続線を1本1本間違えないように取り付けていきました。

IMG_9762.jpg        IMG_9764.jpg


 コネクター1ヶ所を処理する毎に、事前の状況写真撮影と、事後のテスターでの導通確認を行っています。リード線1本間違えると大変ですので・・・。

IMG_9768.jpg プリ基盤上から全てのコネクターを取外しました。(電源パイロットランプのコネクターのみ残しています)


IMG_9770.jpg 取外したコネクターはこちらです。数えたら51本のリード線を直結した事になりました。この数程の不安要素が減少したとも言えます。


 このプリ部を本体に接続しました。配線間違えは無かったので音は問題なく出たのですが、それも束の間、20分程使っていたら再びガサガサ音が出てきました。うーん、コネクターの不良では無かったですね(汗)。でも次に繋がるブログネタとしては良い流れですので(笑)、次の処置にかかります。
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム