Archive
 12月の私が係わるライブの案内です。



 12月3日(土曜日)

Boogie House】 山口県周南市栄町2-26 アサヒビルB-1 Tel:0834-31-9313

“Blues & Rock & Soul Night”

OPEN 19:30 START 20:00

¥1500 1ドリンク付

出演
松本ナリアツ (周南)
ZZ.Riders (益田)
The All Your Love Blues Band (益田)
The Heels (周南)



 12月17日(土曜日)

TIME】 山口県岩国市車町1丁目 Tel:090-2003-9774

“Blues night”

OPEN 18:30 START 19:00

¥1500 1ドリンク付 or ¥2500 ドリンクフリー

出演 (順)
19:00~ riki-t with 古賀 (岩国)
19:30~ Jitterbug Boys (宇部)
20:10~ The All Your Love Blues Band (益田)
20:50~ FLAT BOOGIE BAND (岩国)
21:30~ BLUES WORKSHOP (岩国)



 12月23日(金曜日)

にちにち食堂】 島根県益田市中島町ロ195 Tel:0856-23-6166

“にちにちクリスマスイヴイヴLIVE”

OPEN 18:30 START 19:00

¥無料 要 ドリンク or 食事オーダー

出演 (順) 変更する事有り
19:00~ The All Your Love Blues Band (益田)
19:30~ 松本ナリアツ (周南)
20:00~ Jitterbug Boys (宇部)
20:30~ ひょう (周南)
21:00~ ムーミン (益田)
21:30~ tomo & EASE (益田)

にちにちクリスマスイヴイヴLive


 フライヤーのイラストは知合いのアーティスト ふーちゃんに描いてもらいました。ふーちゃん、有難うございます。



 メンバーの仕事の都合もあって、月1回のライブとなるように調整しているのですが、12月はお誘いを受けて3本のライブをこなします。

 各地の出演者をご覧になれば、いろいろとダブっているのがお分かりと思います。県外ライブに呼ばれたら、次はこちらのライブにお誘いする・・・。こんなギブ&テイクのお付合いで長年ライブ活動を続けています。
スポンサーサイト
 68Telebaseを(私なりの)良いベースにする為にチマチマと手を加えているのですが、今回もチマチマとやっています。

 これまでは弦高が一番低くなる1弦では、1弦が乗るサドルの高さ調整ビスを目一杯緩めて、サドルがブリッジプレートに当たっている状態で使っていました。

 このままでは弦高の調整シロが無い為にネック取付アングルを変える事としました。ネックのヘッド側を下げると弦高が上がる事になるので、対応として、ネックポケットのブリッジ側にシムを挟むか、ポケットのヘッド側をスロープに削るかと言う事になるのですが、ブリッジの駒を1mmでも上げることが出来れば良さげだったので、この度はシムを挟む事にしました。

IMGP7750.jpg スペーサー、シム用としてストックしている薄木板から選んだのは0.3mmで名刺程度の厚さのアッシュ板です。ネックポケットのブリッジ側に置きました。

 ネックポケット袖壁には1.5mm厚の板をネックのセンターズレ防止の為に立てています。このTelebassは68年製なのですが、65年にFenderCBSに買収された頃から加工精度が落ちて行ったという悪い風評の表れでしょうか?


 今回のシムの取付け後は、1弦ブリッジ駒がブリッジプレートより1mm浮き上がって、調整シロが出来ました。あまり駒を高くし過ぎると弦裏通しの為に元々強めのテンション感がより上がって弾き辛くなるので、この程度の弦高セッティングが出来ればOKです。

 シムを挟んだ為のネック&ボディ鳴りへの悪影響は感じられませんでした。ボディと同材、かつ極薄のシムなので問題が無かったのだと思います。

IMGP7753.jpg ネックジョイントプレートを外した際に、プレートに隠れていたペイズリーレッドの色合いをチェックしました。その部分の下地はシルバーで、ペイズリー柄は淡いピンクなのが確認出来ます。隠れていた部分以外は長年の経年変化により、シルバーは日焼け(照明焼け)でゴールドに、淡いピンクはピンクゴールドになっています。40年以上の時の流れによってなされたもので、味わい深いです。
 11月12日(日曜日)は、福岡県久留米市でのライブに出掛けてきました。

IMGP7988.jpg         IMGP7989.jpg


 久留米市へは私の街から280km、車で4時間掛かるのですが、本当に楽しみにしていたので長旅の感じは全く無かったです。それもその筈、待っておられたのはこちらの面々。



Baby Faces
IMGP7996.jpg


 トップバッターのBaby Facesのメンバーは今回のライブの仕掛け人、久留米の矢田草吉さんとバックは山口県周南市【Boogie House】でお付き合いのある山ちゃんまささんどいちゃんです。いつもの知合いのメンバーのステージに、「アレっ?ここは本当に九州?」とアウェイ感を全く覚えなかった私です。

 午後の早めに到着した山口組(ヤクザ屋さんじゃないです)と入念なリハをこなした草吉さんのリアルなブルースのステージは、聞く度に完成度がUPしています。



HOT PANTS
IMGP8010.jpg


 次のパワートリオ、HOT PANTSジミヘンのトリビュートバンドでした。いゃー、このバンドのステージパフォーマンスは凄かったです!後はギターを燃やすしかないな?と思われるほどイキ顔(?)でのギタープレイはジミーが憑依しているかの様に見えました。



 会場となった【Sunrise Cafe】は理髪店の若旦那さんご夫婦がバンドをやっておられるという事で、ビルの1階に理髪店とライブバーと練習スタジオ2室があるという、とても素敵なお店でした。仕事と趣味が両立している羨ましい環境ですね。 

IMGP8081_20111115194655.jpg         IMGP8105.jpg


 この夜は草吉さんとHOT PANTSのメンバーが誘われた多くのお客さんの熱気で暑いほどの店内でした。



The All Your Love Blues Band
IMGP8024.jpg


IMGP8022.jpg


 先程のバンドのパフォーマンスに刺激を受けてか、この日のライブは派手なアクションが多くなってしまったThe All Your Love Blues Bandです(汗)。参加した4人でのR&Bは、大人し目と前もって聞いていた久留米のお客さんにも受け入れられた感がありました。

IMGP8163.jpg         IMGP8126.jpg


 実は久留米は10年前から何度も訪れています。数えたら今回で7回目でした。ここ数年はご無沙汰していたのですが、今回を新たな契機として定期的に訪れて行きたいと考えています。草吉さん、次回もよろしくお願いします。対バンの皆さん、久留米のお客さん、そして会場の【Sunrise Cafe】のオーナー様、スタッフの方々、お世話になりました。
 明日、11月12日(土曜日)は福岡県久留米市に出かけます。知合いのブルースマン矢田草吉さんに声を掛けていただいたライブに参加します。

 久留米は10年くらい前から数年の間は毎年お邪魔していたのですか、ここ最近は途切れていました。久留米行きが復活してメンバー一同とても喜んでいます。ライブは勿論の事ですが、久留米ラーメンが美味いのです!既に草吉さんからお勧めのお店を聞いているので、こちらも楽しみです。

 ライブ会場は【Sunrise cafe

 福岡県久留米市西町1195-8 TEL 0942-32-0467 FAX 0942-35-3689

 OPEN/20:00 START/20:30 \1,500 [+1ドリンクオーダー]

 出演は The All Your Love Blues Band (島根) / HOT PANTS / Baby Faces

 お近くの方は是非ともお越し下さい。

 
 PU交換が一段落した68Telebaseですが、他の気になるところを続いて対処する為にスタジオに持込みました。

DSCF1764.jpg


DSCF1755.jpg コントロールパネルから2本延びているリード線にワニ口クリップが付いています。これは・・・?


DSCF1759.jpg 実はこれはトーンコントロール用のコンデンサーチェックの為の配線です。コントロールキャビティー内のコンデンサーは取外しています。そのコンデンサーが取付いていた箇所からリード線を引っ張り出して、外部でコンデンサーを取替えてチェックしてみようという事です。


DSCF1781.jpg 部品箱にあった何個かのコンデンサーをとっかえひっかえワニ口クリップに咥えて、アンプからの出音をチェックしました。大きい音で音質チェックをしたかったのでスタジオに持込んだという訳です。


IMGP7887.jpg いゃー、この方法ではコンデンサーを換えた時の変化具合がとても良く分かります。全てのコンデンサーの音質をコメント出来ないので、これはと思った3つのコンデンサーについてインプレをあげてみます。左からです。


 NISSEIというメーカー名がプリントしてあるのですが、これがデフォルトのコンデンサーです。印字によると容量は0.1μFでしょうか?出音のイメージですが、元の出音が山の形をしているとなると、ある高さより上がスパッと切落とされたという感じです。そしてトーンポットを絞っていくと切り落としの高さが段々と下がってくるのですが、深みが増すという印象はありません。

 Vitamin-Q 容量は0.047μF、耐電圧400V。こちらのイメージは山の頂上に霧がかかって、徐々に見えなくなるって感じです。ソフトなトーンの効き具合です。

 通称“サークルD”と呼ばれるダイレクトロン(Dilectron)製のコンデンサーです。ビンテージのデッドストック物を入手しています。容量は0.05μF で耐電圧は100Vです。ビンテージのFenderでは耐電圧50Vの物をよく見かけます。

 これについては少し詳しく述べたいと思います。

 先ずは音質です。トーンポットをフルにしていてもトーン回路を通すだけで音がコモるのは周知の事ですが、今回チェックした68TelebaseはシングルコイルPUの特性でトーン回路を外した状態(ワニ口クリップに何も咥えない状態)では、かなりハイが立った音になっていました。

 そこにこのダイレクトロン製コンデンサーを通すと、トーンポットがフルアップの状態で既に嫌味なハイが落ちているのが分かりました。更にトーンポットを回すと先程のNISSEIのコンデンサーでのハイがスパッと切り落とされたというのと異なって、切り落としの角が丸くなって心地良いハイミッドが立ち上ってくる様に感じました。

 この事は実は音量UPにも繋がっていました。コンデンサーで出音が大きくなるってホント?と思われるでしょうけど、ホントです。ダイレクトロンのコンデンサーを繋いだ時はアンプからの出音が大きくなっていました。他のコンデンサーでは違いが分かる程の差はなかったです。

 最初は私もコンデンサーで音量が変わる筈はないと思って、再確認したのですが、ワニ口クリップにダイレクトロンを繋いだらやはり音量が上がっています。何でかな?と思い詳しくチェックしたら、コンデンサー無しの際のハイが落されて、それまでの嫌味なハイにマスキングされていたミッドが耳に良く聞こえる様になった為に、相対的に音量が上がった様に聞こえているようです。その嫌味なハイをマスキングする按配が、私の耳にはダイレクトロンのコンデンサーが合っていたというところでしょうね。

IMGP7982.jpg 以上の結果を得て、この68Telebassにはダイレクトロンのコンデンサーを取り付けました。そして他のベースではどの様な結果となるか試してみようと思い、追加で5個入手しています。


 私はこのダイレクトロンのコンデンサーをバンテック・エレクトロニクスというところで購入しています。ダイレクトロン社は既に無くなっている会社なのですが、ここにはビンテージのデッドストックがあります。他にも色々と面白い物を扱っていますので、興味のある方はチェックしてみて下さい。



 と、今回のエントリーをあげて、いつもチェックしているリペアショップのブログを覗いたら、同じ様なコンデンサー比較のエントリーがありました。

 《「トーンが10の時でも コンデンサーによって音が違う」 と言われてますが、実際にやってみますと、そんなに変わらない。高価なバンブルビーや 逆にセラミックの安価な物とかと比べたら、きっと違いがはっきりしたのでしょうかね?》

 という内容があるのですが、今回の私のケースはその“セラミックの安価な物”だったという事なのでしょうね。
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム