Archive
IMGP6977.jpg 私が持っている国産のベースのメーカーはFreedomYAMAHAで、4弦のお気に入りはYAMAHABB-Limitedです。このベースはフレットレスに改造されたものをショップで弾いた際に、ボディ&ネックの振動がとても気持ち良く感じられたので、「これはかなりのポテンシャルを秘めているベース」だと判断して入手していたのでした。


 入手後にフレット付に戻したり、GOTHOの軽量ペグに交換したりして、弾き心地は更に良くなったのですが、その弦振動系の進化向上にPUからの出力系が追いついていなかったのも確かでした。

 PUは入手時にはBartoliniだったのですが、これは当初よりリアPUが壊れていて出力が弱くて駄目なものでした。その後、DuncanSJB-1に換えたり、(洒落で)YAMAHABB-Ltdの5弦用のPUを入れていたりしていたのですが、どれも“いまいち”の印象でした。

 その間にDuncanAntiquity入手を目論んだ事があったのですが、こちらのBlogをずっとご覧の方はお分かりでしょうけど、中古で入手した2セットがコイル線の断線、そして米国から直輸入しようとしたものがAntiquityAntiquity Ⅱのチャンポンのセットだったりして、三度入手に失敗していたのです。

 先般はVooDooのPUを入手して取付けていたのですが、VooDooはそれまでのDuncanSJB-1よりも幾分かパリッとした印象で音が前に出てくるのですが、それでもまだ指先と弦の間に薄い膜が張ってある様に感じていました。

IMGP6995.jpg そしてこの度DuncanAntiquityが(本当に)念願叶って入手出来たので、取付けしてアンプからの出音をチェックしました。その結果、これまでのどのPUよりも音が前に出てきます。ハイがクリアーというのではなくて、ローミッドからハイミッドが一歩前に踏み出したという感じです。右手の指の動きにリニアに弦が反応したままにアンプから音が飛び出します。


IMGP6973.jpg この弾き心地は何かと同じだな?と感じたのですが、あっそうだ私の“本妻”61JBにかなり近いぞ!と思いだして、久々に61JBをケースから出して弾き比べしてみました。前述の通りこのBB-Ltd.のボディ&ネックの振動は心地良いのですが、61JBに近い“鳴り”と表現しても良いと思います。


 そしてアンプからの出音ですが、これもかなり近いです。さすがに50年前の製品である61JBのPUの磁力は現行品であるAntiquityよりも弱い為に出力は低いです。そのせいか若干音がこもり気味に感じたので、試しに61JBのPUの高さを上げて弦に近づけてみると、Antiquityと殆ど同じ歯切れの良い出音となりました。ただこのままでは弦がポールピースに当たり気味になるので、出音を確認後にPUの高さは元に戻しました。

IMGP6979.jpg 以上のチェックの結果、この2つのPUは出力の少しの差以外は音質的にかなり似通っていると判断しました。今後はDuncanAntiquity PUを取り付けたYAMAHABB-Ltd.を“擬似”61JBとして練習にライブに持ち出すことになるでしょうね。なにぶんこのBB-Ltd.は私が入手する以前からボディは傷だらけで気軽に扱えますので・・・。それでいて、出音は“本物”に近いのですから・・・(笑)。

スポンサーサイト
 7月23日(土曜日)は山口県周南市にある“西日本のBluesの聖地”【Boogie House】で行われた『Blues & Rock Night』にThe All Your Love Blues Bandが参加してきました。

IMGP7055.jpg         IMGP7094.jpg




The All Your Love Blues Band with 矢田草吉
IMGP7040.jpg


 先ずは私のバンドThe All Your Love Blues Bandからライブがスタートしました。この日参加出来た4名に久留米の矢田草吉さんを助っ人に加えて、純ブルースフォーメーションでのステージです。

 最近は大所帯のR&Bバンドとしての活動が多いのですが、たまにはこの様なメンバー構成でのライブをやってみるものですね。ギター×2本とトロンボーンの3名のソリストがフロントにいるので、ブルースのソロ回しがとても楽しくて、バックの私もソロの抑揚に呼応したプレイに自然となってしまいます。

 Firebird使いの草吉さんに合わすべく、今回も使用ベースはThunderbirdでした。置きアンプのFB-2プリとメサのキャビの組合せともマッチングは良好でした。



無頼漢
IMGP7073.jpg


 一年半前にこの無頼漢を聴いた時には、ベースのチカくんが酔っ払っててメロメロの演奏だったのですが、今回はしっかりとベースを弾いてくれました。いゃー、良いじゃないですか、このバンド!ファンキーなギターカッティングにタイトなドラムとベースが重なって、とてもグルーヴィーなリズムが心地よかったです。



The Heels
IMGP7093.jpg


 そして、最後はこの日メインバンドThe Heelsです。その名の通り悪人面(?)の3人なのですが、実はみんな腰が低いのです(笑)。ドラムのフジイくんはジョン・ボーナムと同径のセットを叩きまくり、ベースのチヂくんは71年のJBのヘッドでシンバルを叩きます!(実はこのチヂくんから66年の赤JBを譲ってもらっている私です)

 その極悪なリズム体に乗っかかるのが、ここ【Boogie House】のマスター森永セイジさんですから、もうこの世の中に怖いものはありません。普通に思えば極大な音量での演奏なのですが、このトリオではそれがある意味“心地良さ”になっているのは不思議ですね。この日は半数近くが女性のお客さんだったのですが、「この音量でなくては物足りない」という感じで皆さん聴き入られていました。



 この日のライブに誘ってくれたフジイくん、有難うございました。無茶振りでカメラを渡して写真も撮っていただきました。対バンのメンバーの方もお世話になりました。そしてマスターの森永セイジさん、9月は私の地元でのライブをよろしくお願いします。

 3週末連続のライブ案内です。

Boogie hat


 西日本のブルースの聖地、山口県周南市【Boogie House】で7月23日(土曜日)に行われる“Blues & Rock Night”にThe All Your Love Blues Bandが参加します。

 対バンは地元の無頼漢THE HEELSで、どちらも強力なバンドです。ちょっと分が悪いと判断した私は(汗)、先月の岩国【TIME】でのライブでご一緒した久留米の矢田草吉さんに助っ人をお願いして、ブルース一本で勝負を掛けます!

 午後8時からで、チケットは1ドリンク付の1,500円です。お近くの方は是非ともお出掛け下さい。

 【Boogie House】のHPにライブスケジュールが載っています。

 
 7月16日(土曜日)の夜は地元にあるカフェ&レストラン【にちにち食堂】で行われた、“にちにち3曲ライブ”に出かけました。これは各バンド(ソロも含む)が3曲のみを演奏するというライブで、演奏者にとってはシンプルそうで実はとても奥の深いステージ内容を求められるものでした。

 10バンドの出演でしたので、画像メインです(汗)。



tomo & friends
IMGP6835.jpg


IMGP6842.jpg このライブ主催のtomoさんのグループの3曲目に1曲のみの参加の私です。




Layla & Fuku <広島>
IMGP6856.jpg




松本ナリアツ <周南>
IMGP6867.jpg




Cocoa
IMGP6881.jpg




憂歌党
IMGP6885.jpg




picori <広島>
IMGP6888.jpg




IMGP6890.jpg


 会場となった【にちにち食堂】は多くのお客さんで一杯でした。立ち見のお客さんも多く、ライブ中にtomoさんの提案で間仕切り壁を低くする改修工事代金捻出の為の募金が行われました。出演者・お客さんのご理解をいただいて工事着手金が集まったので、次回のライブではもっと観易くなっているはずです。



EASE
IMGP6891.jpg


IMGP6892.jpg 今回が初ステージのちゃんです。とてもフレッシュな歌声でした。ママと一緒に・・・。




大上悟カルテット
IMGP6905.jpg




nervalheimr(ナーバルヘイム) <京都>
IMGP6908.jpg




Cherry Coke
IMGP6921.jpg




 最初の予定の各バンド15分の割り当てのステージ時間に収まるはずは無く(笑)、午後7時半スタートのライブが終ったのは11時過ぎ・・・。それでもどんどん入れ替わるバンドにお客さんも飽きることなく最後までじっくりとお付き合いいただきました。とは言え次回は7バンドくらいでやりますかね?、tomoさん(笑)。各バンドも3曲でステージを構成する楽しさと難しさが良く分かって勉強になったと思います。

 このライブ主催のtomoさんのBlogはこちら
 お世話になった【にちにち食堂】のあずみさんのBlogはこちらから入れます。
 知合いのtomoさんがライブを企画しました。以下はtomoさんからの案内です。



益田市のカフェ「にちにち食堂」で、不定期に『にちにち夜ライブ』というコンサートが開かれています。
これは、2バンドくらいをじっくり聴いてもらうコンセプトで、これまでVol.1~Vol.3が開催されました。
そして、このシリーズに加えて、『にちにち3曲ライブ』というのを始めることになりました。
これは、一人または一バンドが3曲以内で演奏するスタイルで、一つのライブで多様な音楽を楽しんでもらえると思います。
セッティング込みで一組15分以内として、10組ほどの出演になります。
カフェは普段は午後6時までの営業(オーダーストップ5時)ですが、ライブの日には特別メニューをご用意してのナイト営業になります。
美味しい食事やお酒などをお楽しみいただけますよ。

3-songs-live-line1.jpg


 場所・日時

にちにち3曲ライブ Vol.1
7月16日(土)
午後7時半~
にちにち食堂
島根県益田市中島町ロ195
tel : 0856-23-6166
ミュージックチャージ無料
夜カフェ営業

 出演者・時間

 ① 19:30   tomo & friends
 ② 19:45   Layla & Fuku < 広島>
 ③ 20:00   松本ナリアツ < 周南>
 ④ 20:15   Cocoa
 ⑤ 20:30   憂歌党
 ⑥ 20:45   picori < 広島>
 ⑦ 21:00   EASE
 ⑧ 21:15   大上悟カルテット
 ⑨ 21:30   nervalheimr(ナーバルヘイム) < 京都> 
 ⑩ 21:45   Cherry Coke



 この、① tomo & friendsに私が1曲だけベースで参加します。3曲ライブに1曲、3分の参加です(笑)。一番手なので、後はビールを飲みながら残りの9バンドを聴く事にします。いつもの県外ライブでは、私は運転手なのでビールを飲めないのですが、土曜日は地元なので飲むぞ!(笑)。

 お近くの方は是非ともお出掛け下さい。
 7月10日(日曜日)は、第7回 ジャズフェスタやまぐちにラテンの熱狂楽団 TAPASCONとR&BのThe All Your Love Blues Bandが参加して来ました。

 このフェスタは山口市に在る老舗Jazz spot 【ポルシェ】に集うミュージシャンが年に一度結集してジャズライブを行うというビッグなものです。

IMGP6750.jpg 会場となった【ニューメディアプラザ山口】には200名収容のホールがあり、ここは“正統派Jazz”をじっくりと聴く事が出来るメインホールとなっていました。


 そしてもうひとつ吹き抜けのイベントホールでは、飲食が出来るフロアーステージが設けられていて、こちらはどちらかというと“お祭りモード”で、フラダンスやビッグバンドがお客さんを楽しましていました。

IMGP6745.jpg         IMGP6755.jpg




熱狂楽団 TAPASCON
IMGP6717.jpg


 このフロアーステージに15時頃に出演した熱狂楽団 TAPASCONです。TAPASCONは今年の活動として年明けから練習を開始していたのですが、メンバーの都合等によりこのジャズフェスが今年一発目のステージとなりました。

IMGP6710.jpg 昨年、初めてジャズフェスに参加させていただき、“盛り上げ隊”としての役目を果していたのでした。今年もバンド入替を行っている間に、それまで満席だった客席に加えて、後方にはメインステージから出てこられたお客さんがびっしりと立っていらっしゃっていて、「こりゃ、かなり期待されているぞ」と気合を入れて一曲目をスタートさせたTAPASCONのメンバーでした。


 後半にはフロアーのお客さんがオールスタンディングで手拍子&ダンシングです。

IMGP6725.jpg         IMGP6731.jpg


 “飛び道具”でバズーカ砲(?)も炸裂!砲弾のテープをカツラにしたお客さんもダンシングです(笑)。

IMGP6721.jpg         IMGP6736.jpg




The All Your Love Blues Band
IMGP6771.jpg


 その後、数バンドを経て18時からはもう一つの“盛上げ隊”The All Your Love Blues Bandが登場です。

IMGP6765.jpg        IMGP6760.jpg


 先月の岩国でのライブでは渋くBluesを演奏したのですが、この日の様なお祭りでは当然R&B一発で直球勝負です!

IMGP6768.jpg        IMGP6781.jpg


 こちらも後半は皆さんでダンシングタイムです。

IMGP6789.jpg


IMGP6792.jpg そしてここでもある意味“飛び道具”投入です。「空を見ろ。あれは何?」とお客さんが指差す先には・・・。


IMGP6791.jpg 「鳥だ!飛行機だ!」いえいえ、トロンボーンのよつこクンですけど何か?・・・(笑)。7回の歴史を持つジャズフェスでも2Fフロアーでトロンボーンを吹いたのは、よつこクンだけでしょうね。




 7時間に亘って2つのステージで様々なジャンルの演奏が繰りひろげられた今回のジャズフェスタやまぐちは主催者様によると昨年以上のお客さんの入りで大成功だったという事です。このフェスタに私達2バンドをお誘いしていただいた主催者様、多くのスタッフの方々、お世話になりました。そして多くのお客さん、私達の演奏を楽しんでいただけたでしょうか?ノリの良い山口のお客さんのお陰で、私達はとても楽しく演奏が出来ました。有難うございました。そして私達からチケットを購入していただいた多くのお友達に感謝します。

 来年は7月1日に開催が既に決まっています。この2バンド共に次回も出演依頼を頂きました。よろしくお願いします。来年は何を飛び道具にしようかな?(笑)。



 熱狂楽団 TAPASCONのメンバーKingYouTubeに当日の模様をアップしました。2Fフロアーのガラス越しの録画で、音はグワングワンに回って聴き辛いでが、熱さと勢いは伝わると思います。
 7月10日(日曜日)に山口県山口市にある【ニューメディアプラザ山口】で“第7回 ジャズフェスタ やまぐち”が催されます。

ジャズフェスタポスターA


 このフェスタに私の参加するR&BのThe All Your Love Blues Bandとラテンジャズの熱狂楽団 TAPASCONが参加します。2バンド共に昨年に続いての参加で、今年も主催者から「賑やかして下さい」の依頼を受けていますので、とにかく賑やかします!(笑)。

ジャズフェスタポスターB


 このポスターにもある様に、【ニューメディアプラザ山口】の多目的シアターをメインステージに、そしてイベントホールがフロアーステージとなって、同時に2つのライブが進行していき、どちらでもお好きなステージがご覧になれるというとても“お得な”ライブとなります。

 そして、私達のバンドが出演するフロアーステージでは飲食の販売があり、ビールを飲みながらライブを楽しめるというのも良いですよ。お近くの方は是非ともお越し下さい。

 各ステージの出演順はジャズフェスのHPをご覧ください。

 【ニューメディアプラザ山口】の場所はこちらでチェックして下さい。
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム