FC2ブログ
Archive
11月27日の夜は広島のライブハウス【JiJi】に出掛けてきたThe All Your Love Blues Bandです。



Beat Makers
DSCF0939.jpg


 先ずは地元のBeat Makersのステージです。リバプールサウンドを基にした軽やかな曲を楽しげに演奏されていました。ライブ後にお話しを聞いたところ、このバンドは未だ1年くらいの活動の様ですが、各メンバーはキャリアが長いとの事で、安心して聞いていられるステージでした。いい味が出ていましたよ!




The All Your Love Blues Band
DSCF0965.jpg


DSCF0967.jpg 現在の登録(?)メンバー9名の内、7名が参加したThe All Your Love Blues Bandです。Blues Bandとは名ばかりで(汗)、今はBluesのレパートリーは殆どやらなくなっています。この日もR&Bがメインの選曲でした。更にこの日は新レパートリーでChaseGet It On(黒い炎)のお披露目も・・・ってこれブラスロックです!(笑)。


 これからも管楽器と女性ボーカルをフューチャーしたレパートリーをどんどん増やそうと思っています。今後のThe All Your Love Blues Bandをお楽しみにという事で・・・。



 年内はもう1本ライブに参加予定のThe All Your Love Blues Bandです。

 12月11日(土) 山口県周南市【Boogie House】“Live Music Show”でNothing Job Brothers Bandと対バンします。詳しくは【Boogie House】のLive scheduleにて。

スポンサーサイト



弦3 YAMAHA BB Ltd.に張ってしばらくチェックしていたKen Smithのハーフラウンド弦“COMPRESSOR - MED LIGHT 4 (AA-CRML-4) ”ですが、買い溜めしていたので他のベースにも張ってみました。


 左から、63PB68Tele Bass61JB、そしてBB Ltd.です。

DSCF0895_20101121200500.jpg


 このハーフラウンドの“COMPRESSOR - MED LIGHT 4 (AA-CRML-4) ”は、私のイメージするところのラウンド弦とフラット弦の良い所どりをしている感じです。フラット弦を越える腰の低さと押出し感の強いローに加えて、耳に痛くないハイが歯切れを加えてくれて、アンサンブルの中で埋もれず目立ち過ぎずの程よい按配がとても気に入っています。擬音で例えるならば、フラット弦が“ボーン”でラウンド弦が“ビーン”ならば、このハーフラウンド弦は“ゴンッ”ですね。意外とスラップと言うかチョッパーもいけてしまいます。

 今回、様々なPUの他のベースに張ってみてもマッチングは良好でした。どのベースからも“良い意味で”この弦の上記の出音が聞こえてきます。特に68Tele Bassは他の弦では引き出せなかった“Rockな”キャラが浮上してきてリフを弾くのが楽しくなってしまいます。

 ただ良いところばかりでないのは世の常という事で・・・(汗)、2点だけ気になる事がありました。一つはBB Ltd.にしばらく張って確認した事なのですが、美味しい出音を響かす期間が短いことです。夏から使い始めたのでその時期の汗のせいもあったと思いますが、2ヶ月でハイは無くなってフラット弦の音に近付きます。(弦の表面の錆の進行もこれまで使った他の弦と比べて早く感じます。)このハイの成分が気に入っている私にとっては寿命は短いと言わざるを得ません。

 そして、これは本当に不思議な事なのですが、4弦のみオクターブピッチが完全に調整出来ないことです。色々と調整を行って、4弦を押弦したピッチをローからハイポジまで合わせた状態で、開放のE音のみがチューニングが高くなってしまうのです。1つの弦セットだけのことなら弦の不良と言えるのですが、今回張替をした4本全てのベースがその状態となったので、これはもうこの弦の持つ特性としか言いようがないと思われます。少し腰が硬い巻き弦なので、ナットで固定されている箇所の振動に何らかの影響がある為と推測します。

 レコーディングを行うのなら忌々しき問題なのでしょうが、ライブ1本のみの私としたら開放E音ひとつのマイナス点よりも全体の出音の良さを採ってしまいます。それ程、どのベースにもマッチングする好結果が得られたKen Smithの“COMPRESSOR - MED LIGHT 4 (AA-CRML-4) ”です♪ 
_IGP4857.jpg 11月13日(土)はThe All Your Love Blues Bandのボーカルのみっちの結婚式が催されました。左はバンドメンバーのテーブル上のキャンドルです。


 式は参列者を前にしての“人前”結婚式で執り行われました。誓いの言葉を宣誓する新郎なおきクンと新婦みっちです。その後披露宴へと進んでいきました。

_IGP4790.jpg        _IGP4811.jpg


新郎なおきクンは高校時代に野球部のキャプテンとして甲子園出場の経験を持つスポーツマンです。みっちが投げる始球式では、みっちのお父さんが空振りしています(笑)。

_IGP4820.jpg        _IGP4817.jpg


_IGP4825.jpg 余興のコーナーではトロンボーン4重奏のBom ? Toroと、我らThe All Your Love Blues Bandが賑やかしとして盛り上げました。


DSCF0705_20101114200037.jpg
        

_IGP4849.jpg          _IGP4836a.jpg


 幸せいっぱいのお2人を囲んだThe All Your Love Blues Bandのメンバー達です。なおきクンがご理解ある方で、みっちも無理のない程度にバンド活動を継続してもらえる事になりそうです。みっちのパワフルボーカルに更なる期待を感じている私達です。

_IGP4885_20101114200102.jpg


 なおきくん、みっち、この度はご結婚おめでとうございます。末永くお幸せに・・・(祈)。



_IGP4786.jpg この日の機材はこちらです。最近はこればかりのYAMAHA BB-LtdとアンプはMarkbassLMKとキャビは12インチのNew York 121です。とてもコンパクトなセットですが、かなり広かったこの日の式場でも余力十分のパワーでした。PA機材と共にワゴン車のトランクに全て積載出来て、可搬性にも満足しています。
 このところ無性にThunderbirdを弾きたい心持になっている私です。そんな時に限ってデジマート等でビンテージのThunderbirdを多く見かけます。

DS01110092.jpg


 上は先日デジマートで見かけた時には既に“商談中”になっていて、2日後には“売却済”となっていたGibson 1964 Thunderbird Ⅳです。やはりこの年代のものは動きが早いのねと思っていたら、このベースMr.Thunderbirdと呼ばれるこの方がゲットされていたのですね。さすがです!

 私の建国記念のThunderbirdはリペアーショップで羽を休めたまま、もうすぐ2回目の冬となります・・・(汗)。

DSCF2732A.jpg


 あー、Thunderbird弾きたい。
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム