Archive
DSCF3434.jpg


 さて、お待たせしました。チラチラと三連チャンLiveの画像に写ってはいたのですが、1968年製Fender Telecaster Bass Paisley Redの前面の画像です。今後は68TLBと表記します。

DSCF3440.jpg        DSCF3452.jpg


 先ずは何を置いても目がいってしまうそのPaisley Redの仕上げなのですが、これはなんとボディにPaisley柄の“壁紙(!)”を貼って、その上をポリウレタンでコーティングしたものです。やはりその壁紙とポリウレタンという馴染まない仕上げ材の為にポリウレタンにヒビが入っている固体が殆どで、このベースもご多分に漏れずヒビがボディ全体にあります。とは言え、ネット上のこちらと、こちらで確認出来る他のPaisley Redと比べると、この位のヒビ割れはまだ良い状態の方のようです。購入したショップでも(これで)5段階で“状態4”の表示が有りました。

DSCF3516.jpg        DSCF3518.jpg


 画像で見るとボディ大半の“壁紙”の下地色はゴールドで、クリアピックガード下はシルバーです。これは元々はシルバー下地だったものが、ピックガードで紫外線が遮られていない箇所が色焼けしてゴールドになったものです。

  “壁紙”の貼られていないボディ側面は、当初はピンクゴールドで塗り潰されていたものが、今現在は日焼けや照明焼けし易いボディトップ側のピンクがフェードしてゴールド化しています。レリック加工などでは絶対表現出来っこない、箇所毎にグラデュエーションの付いた色合いを眺めているだけで時間の経つのを忘れてしまいます(笑)。

DSCF3455.jpg        DSCF3505.jpg


 そして、TLBと言えばそのスラブ(平板)ボディです。PBJBのように腹や肘が当たる箇所にコンターカットが施されていないのですが、思いの外に弾き辛くは無いです。ただ親指弾きの際は、手のひらを弦に押付けてミュートする為に肘もボディに押付けられるので、スクウェアなコーナーが肘に痛い感はあります。

 ボディの材料はアッシュです。60年台前半のライトな物でも、70年代後半の極ヘビーな物でもなく、総重量4.6kgは中庸な重さに感じました。“ヘッド落ち”し易い60年代前半のライトウェイトなアルダーよりもストラップを肩に掛けた際のバランスは良いです。

 次回はピックアップを含む肝心な“音”のエントリーです。
スポンサーサイト
 そして、秋のLive三連チャンの最後は、福岡のJazzピアニスト工藤(どうく)隆さんとのセッションです。前日の有山じゅんじLiveに引続いての、どうくさんとのセッションですが、この日はとても充実した内容のセッションとなりました。

DSCF3829.jpg


 Mune-G’sもさすがに三日目となるとスケジュール調整が難しくなるメンバーが多く、フルメンバーの半分の参加でしたが、それにプラスして地元のミュージシャンが集まってくれて、殆ど演奏者ばかりの状態のここ【マルフク】でした。

DSCF3818.jpg        DSCF3819.jpg


 セッション中盤の盛上がりのピークはこちら、どうくさんとドラマーよーこちゃんとのデュオの時でした。フリーフォームに音を紡ぐどうくさんにピッタリと寄り添った素晴らしいよーこちゃんのドラミングでした。

DSCF3833.jpg


どうくg 同機種の携帯を手に片や報道カメラマンと化したどうくさんと、片やダウンロードした歌詞を見ているあおいちゃんです(笑)。報道カメラマンのどうくさんの画像はBlogの24日25日にあります。カメラマン曰く、「凄く楽しかったので画像がいっぱいです!」


DSCF3826.jpg お客さんが少な目なのを良いことに(汗)、どうくさんが持ち込んだ譜面での曲を練習したり、マンネリ化しないセッションの有り方などをレクチャーして頂いたりと、中身の濃ゆ~いセッションを4時間ばかり終えた後は、この日のセッション参加者は全員大満足の笑顔で帰っていきました。


 どうくさん、今回もLiveでお忙しいスケジュールの間で、わざわざお越しいただいて有難う御座いました。年内は最後のセッションとなりましたが、年が明けても引続いてよろしくお願いします。
 実は22日~24日にかけて、秋のLive3連チャン中のMune-G & The All Your Love Blues Bandなのですが、23日(日)は地元【マルフク】での“有山じゅんじ アコースティック・ライブ/ありやまな夜だ in 益田”のオープニング・アクトを務めました。


Mune-G & The All Your Love Blues Band
with Crazy Blue Horns + Moria-Girls
featuring Takashi (Doku) Kudo
DSCF3771_20081124151045.jpg


 そのMune-G'sなのですが、今回はなんと福岡からJazzピアニスト工藤(どうく)隆さんが参加してくれました。どうくさんは当初は24日(月)の私達とのセッションの為に24日入りの予定だったのですが、Live予定に変更があり急遽23日に前ノリされたのでした。それではと、リハを行って共にオープニング・アクトを務めたという次第です。

DSCF3792.jpg アコースティック・ライブとなる有山じゅんじさんのオープニングで、あまり盛り上げ過ぎたくは無かったのですが(汗)、満席のお客さんを前にテンションの高まりをコントロール出来なくなったMune-G'sです(笑)。

 どうくさんの熱いソロに、メンバー&お客さんの耳と目は釘付けになっています! 



有山じゅんじ
DSCF3808.jpg


DSCF3804.jpg 少しの休憩でクールダウンした後は、1968年「五つの赤い風船」に参加、1973年「サウス・トゥ・サウス」を結成し、ギタリストとして活躍、現在はソロとして多くの作品をリリースされている大阪のブルースマン有山じゅんじさんのステージです。

 いゃー、このステージは素晴らしかったです!ほんわりとした語り口のMCとハートフルなハイトーンの歌声に、凄いテクのギターが加わったありやまなワールドに全てのお客さんが引き込まれていました。

 一時間半程のステージを全く飽きさす事無く貫くって、かなり難しい事なのでしょうけど、有山じゅんじさんの気負い無く力を抜いているようで、ミスの無いギタープレイに、ソロで永年やってこられたミュージシャンの底力を見た気がします。



DSCF3811.jpg 打ち上げでは、その場に居合わせた全員が望んでいたコラボが実現しました。有山さんの歌う“What a Wonderful World”にどうくさんのピアノが絡む・・・。

 BluesとJazzの世界でそれぞれ活躍されていて、通常では接点が無いお二人ですが、そこはさすがのミュージシャン同士です。一発で曲のタイトル通りの素晴らしい世界を表現されていました。打ち上げ参加の皆さんは幸せ者でしたね(笑)。

 後で、どうくさんに聞いたところ、「有山さんは僕に弾く場所(ポケット)を与えてくれた」との事です。なるほど・・・です。
 ここ最近のお出掛けLiveには不参加のAlt Saxのあいちゃんの代理人(?)のキューピーちゃんが、ボジョレー・ヌーボーのワインに浸かりながら見ている先は、岩国【STUDIO TIME】のステージです。

TIME Blog001        TIME Blog002


 11月22日(土)は、ここ【STUDIO TIME】で行われた「思ひ出のメロディ~ブルーにポップにソウルフルに~」Liveに参加してきました。


Flat Boogie Band
TIME Blog003


 地元、岩国のBlues Band、Flat Boogie Bandです。リーダーくりさんのディープな歌声に酔いしれました。


スモールオレンジ
TIME Blog004


 左のヴォーカルのたけださんとは暫くぶり(2年くらい?)になるのですが、そのハスキーで太い歌声は健在でした。ラグタイム調のオリジナルを聞かせてくれました。たけださんが弾いているのは、エレクトリック・ウクレレです。こんなウクレレがあるのですね。


ブラック ジーンズ
TIME Blog005


 ここ【STUDIO TIME】のマスターのバンド、ブラック ジーンズです。ご覧の通りのオールディーズを聞かせてくれました。女性ヴォーカルを含めての華やかで、楽しいステージでした。


Mune-G & The All Your Love Blues Band
with Crazy Blue Horns + Moria-Girls
TIME Blog006


 今年の6月以来の【STUDIO TIME】のステージとなったMune-G Bandです。

 マスターのオールディーズバンドとご一緒させていただくと言う事で、踊れる曲ばかりを用意していったのですが、予定は的中で大勢の方に踊っていただきました。【STUDIO TIME】は、この時ばかりは70年代のDiscoと化しています(笑)。

TIME Blog007  TIME Blog008  TIME Blog009


 結果的に今回はMune-G Bandとしては岩国方面で最も盛り上がったLiveとなりました。お誘いいただいたくりさん、マスター、そして大勢のお客さん、ありがとうございました。

 さて、実践初投入となった私のTelecaster Bassですが、【STUDIO TIME】の少し古めのYAMAHAのベーアンではあったのですが、同じく(笑)古め目のゴンッと鳴るベース音を響かせてくれました。今後様々にセッティングを行って気に入った出音となるようにしていきます!
 クイズの正解はこちら、1968年製のFender Telecaster Bass Paisley Redです!

DSCF3450.jpg


 68年にTelecaster Bassとして販売開始されたこのベースは、51年に世界初のエレクトリックベースギターとして発売されたオリジナルPB(最近はOPBと呼ばれています)を再生産したものとされています。OPBは57年に現在のPBのスタイルにモデルチェンジしたのですが、再生産の要望が有ったのか68年からTelecaster Bassとして販売されて、71年にPUがハンバッキングに変更されて78年まで製造されました。今で言う、リイッシュの先がけですね。

 ブロンド・カラーにホワイト・ピックガードがスタンダードな仕様ですが、私の入手したこのTelecaster BassPaisley Red(ペイズリーレッド)という激レアなフィニッシュで68~69年にかけて少量生産されたものです。私としても現物を見たのはこのブツが初めてで、アーティストでもこのPaisley Redを使っているのを見たことはありません。

 ペイズリーというのは松かさ、菩提樹の葉、あるいは太極図に似た水滴状の模様のことで、日本では勾玉模様とも言われるのですが、私的にはパッと見、小学校の理科で習った“ぞうり虫”のような柄で、顕微鏡で覗いたかのような赤い“ぞうり虫”がボディ全体を這いずり回っています(笑)。ベース全体像の初登場が後ろ向きというのもなにですが・・・(汗)、“ぞうり虫”のインパクトはこのアングルが良いと思って・・・(笑)。

 正面画像や詳細は今後のエントリーをお楽しみに・・・。
 これが最後の画像です、って何だこりゃ?

DSCF3511.jpg


7421bbf8.jpg 

 新型ステルス機の編隊飛行?いえいえ、PUとブリッジカバーです(笑)


DSCF3530.jpg

 スカンク・ストライプです。

DSCF3492.jpg
 う~ん、Fenderには間違いなさそう・・・。

DSCF3485.jpg
 このベース、何~だ?

DSCF3495.jpg
 以前のブログで私の63PBを紹介した際に、同じビス穴の位置を持つピックガードのベースとして紹介した59PBそのものがこちらで販売されています。

DS00503289.jpg


 ギターコレクターとして著名なNorman Harris氏のコレクションからの放出品で、出所もしっかりとしていて、かつ彼のコレクションを紹介した本Norman's Rare Guitarsにも掲載されているので、コレクターズアイテムとしても価値がありそうです。

DS00503289_1.jpg  DS00503289_2.jpg  DS00503289_3.jpg


 それならば、売価の¥1,980,000も妥当な価格かな?と感じてくる辺り、昨今のビーンテージベースの価格が高騰し過ぎて、価値観が麻痺している私です・・・(汗)。まぁ当然私にはこんな価格のベースなんぞ買えっこないので、関係ない話なのですが・・・(笑)。それにしても程度良さそう~、欲しい~(汗)。

 追記:このベース、掲載されているNorman's Rare Guitarsでは60年製となっているのですが、今回販売しているショップでは59年となっています。どちらが正しいのでしょうか・・・?
 3本のボディバックです。う~ん、とても小振りでセクシーな後姿です!はっきり言って私、“くびれ”フェチです(笑)。

コピー ~ DSCF2680


  62EB-0はボディ周囲のコンターカットが大きくて、カットの角が立っている所謂“ダイヤモンドカット”というのが分かります。

コピー ~ DSCF2682     コピー ~ DSCF2683


  ネックのジョイントは3本共位置や形状が全て異なっています。強度確保の為か、69EB-0が一番ヘッド寄りにまでジョイントが上がっています。ストラップピンの位置も上がっているので、ヘッド落ちの具合は減るのですが、右側の画像で分かるようにハイポジは押さえ辛くなっています。一番ハイポジまで楽に押弦が出来るのは70EB-Ⅲです。

 Liveが続いたり、新たに組んだJazz Bandの練習が始まったりと、なかなかベースいじりを行う時間がとれないのですが、久々にEB関連のエントリーです。

 今回はボディ正面です。

DSCF2763.jpg


  フロントPUは62EB-0は黒の樹脂カバー、69EB-070EB-Ⅲはクロームメッキのメタルカバーで、2コイルのハンバッキングPUが内臓されています。

  70EB-Ⅲはリアに小振りなハンバッキングPUが追加されています。フロントPUは指板エンドに、リアPUはブリッジにそれぞれ近接して振り分けられており、各々のPUの音質は両極端なものとなっています。

  出音はフロントPUのみの62EB-069EB-0はとてつもなくデカイ音でモコモコのローが鳴り響きます。ロングスケールでこのモコモコだったらとてもフレーズとしては聞こえないと思われるのですが、30.5インチのショートスケールの為になんとか姿が見えるって感じです。
 70EB-Ⅲはその音にリアPUの歯切れの良い音が加味されるのですが、複雑なコントロール回路の為に、未だ気に入った音が出せずにいます。
回路等の詳細はベース毎のエントリーで行います。

  62EB-0のピックガードは他のものより、1cm以上ブリッジエンド側に長くて形状が異なります。

  三日月状のフィンガーレストは木製(エボニー?)です。
 広島の癒し系オリジナルバンドこゆみこが昨日9日(日)の夜に、当地の芸術文化センター【グラントワ】でコンサートを行いました。

こゆみこ at Grandtoit001


大下藤次郎 このコンサートは【グラントワ】内の県立石見美術館で催されている“大下藤次郎の水彩画”展とコラボという形で行われたものです。

 大下藤次郎画伯の描く淡い色彩の水彩画と、こゆみこのゆったりとした時間が流れるかの様な演奏が心地良くマッチングして、美術展をご覧になったお客さんも満足されていました。


 ライブハウスではなく美術館の広いエントランスホールでの演奏は響きも独自のもので、いつもの狭い会場以上にこゆみこサウンドが柔らかく広がります。

こゆみこ at Grandtoit002        こゆみこ at Grandtoit003


 大勢のお客さんは初めて聞くクラビオーラの音色に心が和らいだ事と思います・・・。

 こんな優しい演奏に身を委ねていると、日頃の私達の力任せのイケイケの演奏がとても邪悪なものに思えてきました(笑)。

 こゆみこのリーダー、折重由美子さんのNYC録音のソロCD「Perpetual Dream」発売記念ツアーの模様がYouTubeへ掲載されています。右側のギタリストはこのCDのプロデューサー吉田次郎さんです。
 こちらの地元のタウン誌に9月21日に行われた“熱狂楽団TAPASCON”のデビューLiveの記事が掲載されていました。掲載されている写真は私のブログからのコピペです(笑)。

TAPASCON タウン誌


 タウン誌の記者の方は当日のリハの時から取材されていて、Live本番も楽しんでおられている様子でした。

 “熱狂楽団TAPASCON”は現在冬眠中(笑)ですが、来春には眠りから覚めて練習を開始して、7月20日の海の日に第二回目のLiveを予定しています!
Shelter69 11.3120 このところ、ほぼ毎週どこかでLiveしているという状況が続いているのですが、11月3日(月)は広島【Shelter 69】でのGroovin’ Love,Peace & Jingi Tour 2008のオープニングアクトを務めてきました。

 このGroovin’はヴォーカルに元ハートビーツシャイ&ムーニーSHYさん・・・、ドラムはあのARBKEITHさん・・・、ベースには元アナーキー寺岡信芳さん・・・、ギターに元彩風古見健二さん・・・、というツワモノ揃いのバンドでR&Bをベースとした曲を演奏されていると言うことで、自分達のステージを行う以上の期待感を持って【Shelter 69】に出向いたメンバー一同です。



Mune-G & The All Your Love Blues Band
with Crazy Blue Horns + Moria-Girls
Shelter69 11.3001


 先ずは会場暖め役(笑)の我等Mune-G Bandです。現在のメンバー11名の内、10人が参加してのステージです。そして今回はいつも私達のLiveに来ていただいているお客さんを含めて10名程のお客さんをMune-G Bandがお連れしました。という事は計20名程がMune-G Bandの関係者となります。観客動員にも一役かっているMune-G Bandです!(笑)。

Shelter69 11


 早くGroovin’のステージを観たいというはやる気持ちを抑えつつ40分のステージを熱くこなしました。


The Dimples
Shelter69 11.3003


 二番手は地元広島のThe Dimplesです。ロケンローなオリジナル曲を聞かせてくれました。


Groovin’
Shelter69 11.3004


 そして、お待ちかねGroovin’です!4ピースのBandですが、音の棲み分けがキチっと出来ているなというのが、聞き始めての第一印象でした。そこに居るだけで存在感抜群のKEITHさんのタイトなビートに乗って、寺岡信芳さんのPBが極上のトーンでグルーヴして、古見健二さんのテレキャスが高音域をつかさどり、SHYさんのヴォーカルが中音域を担って、各自の音がスゴク分離良く聞き手に伝わってくる為に、聞いていて気持ち良くノレます。これが出来ずに各自の音がグチャグチャに混ざっていて、聞いて疲れるバンドが多いのですよね。私のバンドは大所帯なのですが、管楽器が鳴っていない時には3ピースのトリオなので、ここら辺りは見習いたいポイントです。

 ベーシスト的には、寺岡信芳さんのPBに目と耳が行きました。今回はLive終了後に打上げに参加せずに早めに帰った私でしたので、このPBをじっくりと見せて頂く時間は無かったのですが、漆黒の指板から判断してハカランダと思われるので、60年代前半の物と推測するのですが、ホントに豊かなローを弾き出していました。弦は遠目に見て艶の感じからフラットワウンドかも知れません。体を左右に大きく揺らしながらの寺岡さんのプレイは、余計なオカズを排除したKEITHさんのタイトなドラミングと相まって、バンド名の如く極上のGrooveを生み出していました。

Shelter69 11.3005        Shelter69 11.3077


 そのGrooveに乗って最後には何処がステージで何処が客席か分からない状態で(笑)大盛り上がりでした。
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム