Category : 周辺機材
 前回はアンプからの音の出口のスピーカーケーブルの記事だったのですが、今回は音の入口のシールドケーブルについてです。

 バンドメンバーでPA屋さんのアキラさんに薦められて、昨年から使い始めたSommer CableのXXLというシールドケーブルです。音の立ち上がりとヌケがとても良くて、指で弦を弾いたタッチのままがアンプから出力される感がして、気に入って使っています。アキラさんの周辺では、ギタリスト、ベーシストに係わらずこのケーブルの使用者が多いです。

IMG_6594.jpg そのSommer XXLを3~5mの3本分の長さでアキラさんから切り売りで譲っていただき、プラグはAmphenolをチョイスして自分で取り付けていました。その際アンプで出音のチェックをすると、出音が下がり音色もこもっているという状態になったケーブルがありました。


 アキラさんに聞くと、アキラさんが作製したケーブルでも何本かで同様の不具合があったようで、メーカーに問い合わせしたとの事でした。しばらくしてからのメーカーの返事は「芯線保護の樹脂パイプが白と黒の2層になっている内で白は絶縁体だけど、その周りの黒は絶縁体ではなくて少しの導通がある伝導体です」というものでした。

IMG_5470.jpg なるほど、私は白黒2層の樹脂パイプは一体で絶縁体だと思っていたので、芯線を剥き出す際に白黒パイプを一緒にカットしていたのですが、カットや半田付けの具合により黒被覆がホット側に触れて、ホット信号がアースに落ちていたと言う事なのですね。


IMG_5473.jpg 実際に絶縁具合をテスターでチェックすると、芯線保護の黒被覆と網シールド線との間に幾らかの導通がありました。やはりここが不具合の原因でした。


IMG_5475.jpg 不具合の解消策として、黒被覆を多めに剥いてホット側と離しました。


IMG_5480.jpg 手持ちの他のSommer XXLにも同様の処置を施したので、これで安心して使えます。今回の一件で、初めての部材を使う際はその使い方をしっかりとリサーチする必要性を感じました。
スポンサーサイト
IMG_5841.jpg これまでベースのメンテナンスをする際にはこのワークベンチを使っているのですが、天板の横幅は60cmでベースのボディーしか乗らずに、ネックはベンチ外にはみ出ていました。何かの時にはベース本体がベンチから落ちる事も懸念されたので、作業環境の改善を図りました。


IMG_5837.jpg と言っても、もう一台大きなテーブルを私の部屋内に据え置くのは避けたかったので、既存のワークベンチを活用しようと考え、厚手(18mm)のコンパネを1200mm×600mmにカットして、裏側には600mm×105mm×30mmの角材をビスで取り付けしました。


 この板をワークベンチに乗せて、裏の角材をベンチの天板に咥えさせて固定するとメンテナンス・テーブルとなります。テーブルを使わない時はベンチから外して立て掛けて保管できます。板に比べてワークベンチが小さく見えるのですが、ぐらつかずにしっかりと安定しています。

IMG_5835.jpg         IMG_5833.jpg




IMG_5829.jpg この上に新たに購入したHOSCOのワークマットH-LWM1を敷きました。このマットはなかなかの好製品です。ビニールレザーの表皮はベースを置いても滑りにくく安定します。コンパネに触れる裏面も滑りにくい材質なのでマットとテーブルの間にズレが発生しません。マット自体にはクッション性がありベースを優しくホールドしてくれます。


IMG_5824.jpg マットの前側には60mmの“前垂れ”があり、ベースがテーブルの前の角に当たって傷が付くのを防いでくれます。又、表皮がビニールレザーなので、汚れが染み込まずにウエスでサッと拭き取れます。そして黒色なので置いた小さなパーツが迷子になりにくく感じます。


 更にマット奥側の両サイドのクリップの形が白で印刷された箇所には内部にネオジウム磁石が仕込まれており、鉄製パーツがくっ付きます。私は小さな鉄皿を置いてそこにビス等を入れています。

IMG_5821.jpg         IMG_5823.jpg




IMG_5819.jpg そしてもう1アイテム、ネックサポート台を購入しました。これはJIM DUNLOP NC65 FORMULA 65 NEK CRADLEという長い名前の製品です。これも好製品と感じました。


 角度が自在のネックサポート部と大き目の土台の効果で、置いたネックがとても安定します。V型のサポートをひっくり返すとフラットな面となり、ベースの裏側のメンテにも対応できます。

IMG_5811.jpg         IMG_5813.jpg


IMG_5817.jpg 土台部周囲には立ち上がりがあり、ピック等の小物を置けます。


IMG_5814.jpg このネックサポート台はアコギの箱ボディーにも対応していて高さがあるのですが、その分ネックヘッドがテーブルよりも離れるので、ネックヘッドにアングルが付いたThunderbirdでも支障無しでペグワインダーが使用できます。




IMG_5807.jpg 以上でベースメンテの環境が出来上がりました。正月休みはこのテーブルの前にいる時間が長くなりそうです。
IMG_8124.jpg 半年前に入手したSONYのミュージックビデオレコーダーHDR-MV1ですが、使い易くて性能が良くてとても満足しています。私のようなプレイヤーが練習やライブを記録するにはメモ替わりに使えてベストなアイテムと思います。


 さてそのHDR-MV1を入手後初めての野外ライブで使おうとしたのですが、ネットで調べるとこのHDR-MV1の高性能なマイクは室内での使用を前提とされているので、野外では風切音を拾ってしてしまうとの事です。

 SONYからは専用のウインドスクリーン(ウインドジャマー)が発売されていなくて、ネット上ではユーザーがそれぞれ工夫したウインドジャマーを数多く見る事が出来ます。私もその中のひとつを参考にしてみました。

 ウインドジャマーをゼロから作製するのは性能面で不安があったので、既製品のウインドジャマーを加工する事にして、購入したのはTASCAMのWS-11という製品です。

IMG_8109.jpg          IMG_8111.jpg


 WS-11はモコモコの毛玉みたいな外観をしています。マイクを差し込む開口部の両サイドには“耳”があるのですが、装着する際にはこれを摘まんで引っ張る事が出来るのでとても便利です。

IMG_8113.jpg HDR-MV1のマイク部とWS-11の開口部の大きさはほぼ同等なのですっぽりとカバーが出来ました。ただし、このまま録画すると長い毛足が録画画面に写り込んでしまいました。


IMG_8115.jpg          MAH00082(1).jpg


 そこでカメラのレンズに干渉する毛をハサミとバリカンで刈り込みました。これで毛は写り込みません。

IMG_8119.jpg          MAH00083(1).jpg


IMG_8128.jpg そして、もう1箇所手を加えました。ウインドジャマーをマイクに被せたのですが、引っ掛かり部がないので、何かの拍子にスルリと抜け落ちてしまいました。そこで、ウインドジャマーの“両耳”とHDR-MV1の両側面にマジックテープを貼りつけました。これでウインドジャマーが抜け落ちる心配は無くなりました。


IMG_8130.jpg          IMG_8131.jpg


 さて、肝心の「風切音は減少したのか?」という点ですが、扇風機で風を当ててのチェックではかなり風切音が減少していました。明日の野外イベントで実戦投入するのですが、好結果となりそうです。
IMG_3099.jpg 前回紹介したエフェクターボード内にはもう一つ“新顔”がいます。CranetortoiseのラインセレクターSEL-2 TypeⅡです。所属するラテンバンドでエレクトリックアップライトベースと5弦のエレキベースを使い分ける際に使用しています。


 これまではBossLS-2Pedalogic Custom Effect ManufactureがチューニングアップしたLS-2Bを使っていたのですが、この度プリアンプとして前のエントリーのTri-Logic Bass Preamp Ⅱを使う事にしたので、これまでバッファーアンプとして2本のベースの音量バランス調整をとる為に使用していたLS-2が不要となったのです。

 LS-2Bはこれを通すだけで音がファットになるバッファーアンプが内蔵されているのですが、2つのプリアンプを通す必要性を感じなかったのと、電源トラブルを少しでも回避する為にもSEL-2 TypeⅡにしたのでした。SEL-2 TypeⅡにも電源9Vが必要なのですが、これはLEDのインジケーター用のもので、A or Bの切替え自体はパッシブ回路で行っています。

IMG_3102.jpg このSEL-2 TypeⅡの回路は1本のベース(ギター)の信号を2系統のエフェクトループに切替えて、かつ出音が消せるチューナーアウトがあるというもので、それぞれのエフェクトのリターンに2本のベースを繋いで切替える事は出来ました。


 しかし、こうするとチューナーアウトからは信号が出なかったです。エフェクトループの前(と言うことは最初の1インプットの後)にチューナーアウトの回路が有るのですね。回路を変えてやろうと裏蓋を外したのですが、配線ではなくてプリント基板だったので、面倒くさくて裏蓋を戻しました。

 という事でSEL-2 TypeⅡの機能の無音でのチューニングは断念して、アウトプットからアンプの間にチューナーをかませました。パッシヴ回路なので信号の変化や劣化は感じられなかったです。

 実はこのラインセレクターを選定する際に、2本のベース(ギター)を切替えて、かつ無音でのチューニングが出来るものを探したのですが、既製品では見つからなかったです。有りそうで無いのです。パッシヴなので配線して自作も可能なのですが、LEDのインジケーターまで取付けるとなると少し厄介になるので、しばらくはこれを使っていきます。
 参加しているラテンジャズのバンド用のエフェクターボードの内容を変更しました。

IMG_3088.jpg このバンドではエレクトリックアップライトベース(以下EUB)と5弦のエレキベース(以下EB)を曲によって使い分けています。その際にはどうしてもEUBよりもEBが音の線が細くなってしまいます。EUBにはプリアンプが内蔵されていて自分好みの音が出せているので、EBの方の音を調節せざるを得ません。でもEBはパッシヴのFreedom JBを使っているので、ここで外付けプリアンプの必要性が出てくるのです。


 このプリアンプの選定にはかなり時間が掛かりました。EB単体で使うとイケてるプリアンプは色々とありはしたのですが・・・。例えば、Crews Maniac SoundDPA-2Bは音がスッキリとするのですが、ファットな音のEUBと使い分けると「同じバンドじゃ使えないなぁ・・・(泣)」となってしまいます。前にエントリーしたTeck21 VT Bass等の歪系で音を膨らますのもバンドサウンドにマッチしないです。

 色々とプリアンプを試した結果、この度エフェクターボードに組込みしたのは、E.W.S.Tri-logic Bass Preamp Ⅱというプリアンプです。

IMG_3089.jpg ヴォリュームとゲインの2つの音量関係のツマミと、ハイ・ローで中心周波数が切替わるスイッチ付きのミッドを含む3EQ、入力をアクティヴとパッシヴ用の2段階に切替え出来るスイッチもあります。更にコンパクトエフェクターの躯体にこれだけのコントロールを持っているのに、9V電池を2個収容しての18V駆動となっています。画像は無いのですが、裏蓋を外したらそのぎゅうぎゅう積め具合に驚いてしまいました。


 取扱い説明書には「3EQのツマミが12時でGainツマミが0でフラットな出音」とあったのですが、その通りのフラット感は無かったです。ただ私は積極的に音を作ろうとしていたので、これは問題とはなりません。ツマミを色々とイジって良かろうと思ったのがこの状態です。

IMG_3097.jpg EQのハイを絞り、ミッドとローは少しブースト、Gainを半分回して音を膨らませています。このGainは右に回しても歪感は無くて、音は膨らむのだけれど密度もアップする感じで、音が力強くなってきます。


 各ツマミの効きが極端で無いのも扱い易い点です。先日、Thunderbird用として紹介したTech21 VT BassのCharacterとGainツマミは少し動かしたらかなり音色が変化するので、シビアーなセッティングが必要でした。今回のTri-logic Bass Preamp Ⅱはツマミをフルテンにしなければ、どんなセッティングでも使えるなと思いました。
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム