Category : Epiphone-Japan Thunderbird Ⅳ
 Thundebirdをメインで使うバンドをやっていて、そこでは気軽に持ち出せるEpiphone-JapanのThunderbird(以下Epi-bird)を弾いています。このEpi-birdのオリジナルのピックアップ(以下PU)はパワーもあってそこそこ気に入ってはいたのですが、どちらかというとファットな音質でキレが少ないのが不満でした。

$T2eC16NHJFoE9nh6nPk5BRgwoMcJcw~~60_1 その不満の解消策としてPUの交換を考えたのですが、ヴィンテージと同じメッキカバーのリプレースメントPUの選択肢は多くありません。その少ない選択肢から私が選んだのはセイモアダンカンのカスタムショップのPUです。


IMG_1060.jpg このPUをEpi-birdにインストールしたのですが問題がありました。(PUリング未装着の状態の画像です)


IMG_1065.jpg その問題とはこちらの画像で分かります。


IMG_1067_201506221835461d3.jpg Epi-birdのPUは厚みがあってPUキャビティー内に半分は沈み込むのですが、セイモアダンカンのPUは薄くて、リアのPUはボディーから浮いてしまうのです。これでは2つのビスでの固定ではぐらついてしまいます。


 セイモアダンカンはヴィンテージのThunderbirdのPUをフルコピーしているのでこの薄さとなっています。と言う事はヴィンテージのThunderbirdもリアPUがこのように浮いているのです。Gibsonはその浮きの対応としてメタルのPUリングの下にABS樹脂製の2mm厚のスペーサーをリアは2枚、フロントは1枚咬ましています。隙間塞ぎってやつです。

 Epi-birdにはこのスペーサーは付属していないので、どこかでの入手を試みました。アメリカのThunderbakerというメーカーが同様のスペーサーを作っているのですが、以前エントリーしたように各メーカーが独自の寸法でパーツを作っているので、異なるメーカーどうしでは形状がマッチングしません。

IMG_1072.jpg かくなる上は自作しかないと考え、先ずは素材のABS樹脂を入手しようとネット検索したら、ある会社がオーダーカットに対応してくれる事が分り、Epi-birdのPUリングを計測してABS樹脂でオーダーした3枚のスペーサーがこちらです。何と1枚613円(税込)とお安くできています。


IMG_1074.jpg 6ヶ所の取付けビス穴は私が開けました。穴開けをオーダーしたら、オーダーフォームが変わって倍の値段となったので・・・(汗)


IMG_1149.jpg Epi-birdのボディーにPUリングとスペーサーはフロント1枚、リアは2枚取付けました。リアPUとボディーの隙間は塩梅良く塞がれています。2つのビスで取付けられているPUのグラつきも無くなりました。


IMG_1150.jpg セイモアダンカンのカスタムショップのPUを取付けたEpi-birdを先日のバンド練習で弾いてみました。これまでのモコった出音とは全く異なり、中高域が立ったゴリゴリの出音で、イメージするヴィンテージのThunderbirdに幾らかは近付いた感がしました。バンドメンバーにもその出音の違いは伝わっています。


IMG_1159.jpg ただし、ヴィンテージのThunderbird特有のマホガニーのボディー&ネックから得られる“鳴り”をEpi-birdは持っていないので、弦振動がボディー&ネックに伝わり、そこからフィードバックされたドライブ感が希薄なのが残念なところではあるのですが、こればかりはどうしようもないですね。




 さて、現時点では最良(かつ最終?)の状態&出音となったこのEpi-birdを今週末の広島でのライブに持ち込んで弾きます。お近くの方はお越しください。

Live Cafe Apple Jam
広島市西区横川町3-5-5 Tel 082-233-9271

“梅雨をぶっとばせ!” 6月27日(土) 
入場料 お一人様¥1500(1ドリンク付き)

出演
19:00~19:40 虹村サキ
19:50~20:30 ARGUS
20:40~21:20 SALSABOR
21:30~21:50 増野真治
22:00~22:40 Boogie Lunch
22:50~23:30 The Jadow
スポンサーサイト
IMG_9553.jpg 画像ののピックアップ(以下PU)廻りに取付けしてあるパーツはよくエスカッションと呼ばれるのですが、Thunderbirdの場合はPUがビスでボディーに直接取り付けてあり(建国記念と除く)、単なるPUとボディーに掘られたPUキャビティーの穴の隙間塞ぎとなっているので、エスカッション(台座)というよりもリングと呼ぶのが適切かもしれません。


 先日入手した64年製のPUにマッチングするリングを探そうとしてみて分かったのですが、このThunderbird用のPUのリングには様々なものがあります。手持ちのものを年代の古い順に説明します。

68ノンリバース
IMG_9557.jpg 60年代のリングで65年までのリバースモデルと同形状。
 四隅の丸面取りが大きいのが特徴。
 取付けは平頭の小さな皿ビスで、皿モミも小さい。
 厚みは計っていないけど、薄っぺらな感じ。


76 建国記念
IMG_9559.jpg PUの外カバー、リング、スペーサーのデッドストックを持っています。


IMG_9560.jpg 四隅の丸面取りが小さい。
 メッキが厚いのか表面がモッコリとしている。


90’ Epiphone-Japan
IMG_9561.jpg 国産ThunderbirdのPUリング。
 60’をよくコピーしていて雰囲気はヴィンテージ。
 ミリとインチの規格違いの為か、開口が小さくてヴィンテージPUは入りらない。
 取付けビス位置もヴィンテージとピッタリではない。


Kaminari Yardbird
IMG_9563.jpg 国産ノンリバースコピーモデルKaminari YardbirdのPUリング。
 材質はアルミ。
 四隅の丸面取り等の形状は一見ヴィンテージに近い感じだが、板の切り小口が立っていてシャープなイメージがする。
 開口が大き過ぎてPU周囲に1mm程の隙間ができる。
 取付けビス位置は短辺・長辺側ともヴィンテージとビス半分ほど外側に広がっている。


 4つのPUリングを並べると“似て非なるもの”というのが分ります。メッキの色の違いから、右2つはクローム、左2つはニッケルと判断しました。

IMG_9565.jpg


 PUとリングの組合せには加工が必要なものがあり、ヴィンテージThunderbirdのPUリングはヴィンテージパーツを探すしかないという事になるのですが、このヴィンテージのPUリングはeBayでも見かけた事は無くて、入手は超困難です(泣)
 前回は各種のThunderbird用のPUを測定器を用いてチェックしたのですが、今回はもっとアバウトなチェックとなります。

IMG_9509.jpg


 PUの磁力をチェックしてみました。と言ってもガウス計(磁気計)なんぞは持っていないので、千枚通しをこの度チェックするPUの表面に近付けて、磁力による引っ張り具合の強弱を手に伝わる感覚で調べました。

 引っ張り力が弱い→強いの順番は、64TB PU→USA PU→Epiphone-J PU→Duncan PUでした。この結果から64TB PUはチェックしたPUの内で最もコイルの巻き数が少なく&磁力も弱い=一番出力が小さいという事が想定できます。これを確認してみました。

IMG_9501.jpg PUからのリード線をワニ口クリップでアンプに挿したシールドに繋ぎ、PU表面を同じく千枚通しで軽く叩き、アンプから出る音量の大小をチェックしました。その際はスピーカーから聞こえる音質もチェックしています。


64TB PU
最も音量が小さくて、低域が出ないトレブリーな音質。

Seymour Duncan Custom Shop Thunderbird PU
音量は大きくて、全音域でアタッキーな音質。

現行USA Thunderbird用PU
樹脂カバーを叩く要因もあると思われるが、モコった出音。音量は中くらい。

Epiphone-Japan PU
最も中低域にパワー感を感じる。



 うーん、これまでの身体測定からイメージしていた出音と似通っていますね。それならば実際にEpiphone-JapanのThunderbirdにPUを取り付けしてイメージではなくて本当の出音を確認しようと思ったのですが、ここで問題が発生しました。

IMG_9442.jpg PU外寸が他より一回り大きい現行USA Thunderbird用PUは当初より無理と思っていたのですが、他の64TB PUもDuncan PUもEpiphone-JapanのThunderbirdのピックアップキャビティーに入らなかったのです。


 良く見ると、PUカバーのトップはほぼ同寸なのですが、インストールしようとした2つのPUのボトムは“ハの字”に広がっていて、これがPUキャビティー開口寸法よりも大きいのです。インストールするにはPUキャビティー開口を広げる必要があり、「一寸、待った!」となってしまいました(泣)



 さてこちらでは廣瀬洋一さんが各種のThunderbirdの比較試奏をされているのですが、今回のチェックで最も脆弱と思われたヴィンテージPUの64 Thunderbirdがドライブ感バリバリに聴こえます。



 そうなのです。今回はあくまでPU単体でのチェックです。所有する68のノンリバースを弾いてみても分るのですが、この年代特有のボディー&ネック鳴り具合とPUとが組み合わさって初めてヴィンテージThunderbirdの出音となっているのが(今更ですが)再認識出来ました。

 そんな“秘めたるポテンシャル”を持つこの64TB PUを活かせる状況は来るのでしょうか?(汗)
 Thunderbird(本当はEpi-birdですが・・・汗)のブリッジを交換しました。

IMG_1754_20121228190238.jpg デフォルトは3点支持の見た目にごっつい、ブリッジとテールピースが1体タイプだったのですが・・・、60年代のブリッジとテールピースが分離されたセパレートタイプにしたかったのです。なにせトリビュートしているWishbone Ashマーチン・ターナーが弾いているThunderbirdが60年代の物ですので・・・。


IMG_1837_20121228190236.jpg 先ず、米国から取寄せたのはこのブリッジです。セパレートタイプではあったのですが、如何せん部材が大き過ぎました。サスティーンには有利なのでしょうが、ルックス的にはよろしくありません。


IMG_2411.jpg そこで新たに入手したのがこちらです。ブリッジとテールピースは別メーカーの物です。テールピースは60年代のThunderbird用のリプロダクション物が有ったのでそれを入手しました。これは良く出来ています。当時のデザインをそのままに復元しています。




tp.jpg 話が脇道にそれますが、実はこのテールピースは、当初e-Bayにて10月に落札していたのですが、それは販売店から発送された後、運送中に行方不明になっていました。代理店のsekaimonを経由していたので運送事故扱いで商品代金の補償をしてもらい、2個目の発注をした物がやっと届いたと言う次第です。

 米国内での運送事故はかなり多くて、sekaimonでも取扱の3パーセントが運送事故例となっているそうです。私もこれまで3例あります。やはり日本の運送会社のようにはいかないみたいですね。




b1.jpg 上のテールピースのメーカーは左の様なブリッジを作っているのですが、それはオクターブピッチが合わない当時物の完全再現ではなくて、現代のラウンド弦でもピッチが合うようにサドルの可動範囲が広くて大きな外寸となっているので、これはスルーしました。


b2.jpg 代わって入手したのは、何処かのメーカーのアコベ用なのですが、Gibsonのギターのブリッジのデザインを踏襲していて、ルックスもマッチングしています。オリジナルのブリッジはヴィンテージパーツとして入手することはとても難しくて、仮に販売されたとしてもかなりの高額となるでしょうから、今回入手した“似た形”のブリッジになるのはやむを得ないところです。


IMG_2139.jpg ブリッジのスタッドアンカーは、サドルの可動範囲にオクターブピッチが合うように位置決めしています。又、これまでの3点支持のブリッジの3つの穴は埋木して塞いでいます。




 再度、話がそれますが、この穴埋めの際に自分なりに「これは良い!」と思う方法を考えました。それは、穴を埋める木の丸棒をボディー表面から少し沈めておいて、そこにボディー表面を写真に撮ったものを丸く切込んで貼り、クリアーラッカーで仕上げるという方法です。同じ木目なので目立たなくなる筈と思ったのですが、印刷した自宅のプリンターの発色具合が悪くて、同色にはならなかったという“オチ”が付いてしまいました(汗)。



 ブリッジ部を真横から見ました。左が元の3点支持、右が交換したセパレートのブリッジです。

IMG_2404.jpg          IMG_2405.jpg


 弦がブリッジからサドルにかけて急な折れ角度となっているのが分ります。ネックがダメで順反りが酷いネックでは、ブリッジサドル部を低くせざるを得ないのですが、このThunderbirdはネックがとてもストレートにセッティング出来るので、このようなサドル部の高さとなっていて、テンション感もアップしています。

 そしてもう1点、気になっていた事が解消されました。元の3点支持ブリッジのサドルに彫られていた弦がはまる溝のピッチは約18mm弱で、Fenderに慣れた私にとっては狭かったのですが、交換したブリッジのサドルの弦溝ピッチは約19mmと広くなったので、右手の指さばきがとても楽になっています。

IMG_2412.jpg このブリッジ交換で、このEpiphone JapanThunderbirdを本家Gibsonの60年代のThunderbirdのルックスに近づける“作戦”はひとまず終了しました。(“作戦”だったのね・・・笑)分る人が見れば、スルーネックのウォルナットの色の濃いラインが無いとか、ボディー裏にコンターカットが無いとかの“ツッコミ所”はまだまだ有るのですが、ぱっと見はミント状態のヴィンテージかな?と思わせるルックスになっています。


 出音は、先般博多のレオスキ基地でヴィンテージを試奏したのを思い出すに、レスポンスと暴れっぷりでは負けるのですが、私の持っている建国記念のThunderbirdと比べると出力も大きくて、頭で描くThunderbirdの音に近いものとなっています。(建国記念は本当に大人し目の出音ですので)
 この度60年代のGibson Thunderbirdのルックスに近づけるべくモディファイしたのは、Epiphone JapanThunderbirdで、このPUは国産の物です。別で持っている建国記念の70年代のThunderbirdのPUは出力が弱目でアンプからの出音も大人目なのですが、コイツは違いました。

 感覚的に倍位の出力でかなりパワフルな出音です。コピーしているバンドの曲で2弦・1弦を1度・5度で和音弾きする箇所があるのですが、細い弦でも出音はぶっとくて、歪ませたギターのコードカッティングの如くです。JBではこうはならないですね。

IMG_1819.jpg


 ただハンバッキングPUの特性で低域が強過ぎるので、どちらかと言うとリアPU辺りをピックでゴリゴリと弾き倒すのに向いていると思われるのですが、私は指弾きメインのプレイヤーなので、そのままでは出音がモコってしまいます。

IMG_1742.jpg 好みのハーフラウンド弦をラウンド弦に換えても、コントロールキャビティー内のコンデンサーを換えても、まだモコリ感が払拭出来なかったです。


 ベースアンプのEQコントロールで対応は可能だったのですが、お出掛けライブの際にアンプセッティングで手間取りたくないので、足元のエフェクターで対応すべく検討しました。何機種か持っているプリアンプをチェックした結果、チョイスしたのがこちらです。

IMG_1864.jpg Crews maniac soundのプリアンプDPA-2Bです。これを通しただけでEQフラットでもエッジが立ってくるので、「JBでは必要が無いな」と思いしばらく押入の中で眠っていたのですが、Thunderbirdで使ってみるとハムバッキングPUのモコリ気味の音を上手く補正してくれました。EQのLowとMidは絞り、Hiは少しブーストしています。


このDPA-2Bはプリアンプとしての用途以外にも様々なコントロール機能を持っています。GainとMaster Vol.で歪度を調整、Tuner outにチューナーを接続しMuteスイッチで無音でのチューニング、この度は使ってないのですが2chインプットの切替え、そして裏技的な使い方ですがセンド&リターンのエフェクターレベルを調整してここ一発のブースターとしても使っています。

IMG_1863.jpg 少しの難点は躯体が大きくて、専用トランスも重たい事なのですが、チューナーと共にエフェクターバッグに組込んで持運びを楽にしています。今後はThunderbirdと、このエフェクターバッグを持って各地のライブに出掛けようと考えています。
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム