Category : Gibson 68Thunderbird Ⅳ non-reverse
 ESP Thunderbirdにサムレストを装着して弾き心地が向上したのを受けて、今手元にあるもう1本の68 Thunderbird ノンリバースにも装着しました。

IMG_3998.jpg ESP Thunderbirdは両ピックアップリングの下に厚いシムを挟んでいるので、サムレストはボディー表面に両面テープで貼り付けたのですが、68ノンリバではフロント側はピックガードに、リア側はシムの無いリングの縁に乗るようにサイズ決めしています。両面テープの重ね具合を調整して弦とサムレストの離れを均一にしているのは前回と共通です。


 68ノンリバにサムレスト装着後はESP Thunderbirdと同様に演奏性が向上しています。特に68ノンリバのピックアップのピックでの打音は大きくて、これまではピックアップ表面に打音減少の為のクッションとしてクリアーフィルムを貼っていたのですが、そのフィルムは不要になりました。せっかく貼っているので、フィルムが痛むまではピックアップのメッキ保護の為にそのままにしておきますが・・・。

 ピックアップ部の改良が終わったので、視線をブリッジに向けると次の気になる点が見えてきました。ブリッジをボディーに固定しているスタッドボルトの頭のクロームメッキが一部剥げて赤錆が発生していたのです。

 このままでは錆がどんどん進行するので、対応として錆をサンドペーパーで落とした後に空気に触れないようにクリアーラッカーを塗布しておきました。

IMG_4003.jpg         IMG_4005.jpg


IMG_4006.jpg さて、これでメンテが終わりきや、視線をテールピースに向けると、「むむっ、これは!?」ぱっと見では分らないのですが、テールピースがブリッジ方向に傾いているようなので、取り付けビスを緩めるとかなり斜めに刺さっていました。そうなのです。長年使用してきた間にテールピースが弦の張力に引っ張られて傾いているのです。


IMG_4013.jpg テールピースを取り外してビスを戻すと3本のビスが共に斜めになっていて、テールピースがボディーに接していた部分のブリッジ寄りの塗装被膜が、テールピースに押されて浮き上がり剥離している箇所もある状態でした。


IMG_4015.jpg 長円形になっているビス穴を詳しくチェックすると、穴のボディー表面部がブリッジ側に広がっているばかりではなく、穴の底はビス足でボディーエンド側に向かって広がっていました。


IMG_4018.jpg 実はこの状況にあるのは以前から把握していて、その際はテールピース取り付けビスを少し太いものに取替えして様子を見ていたのでした。画像の左が太くて長い対応用ビスで、右が細くて短いオリジナルのビスです。


 他の手持ちのThunderbirdではこのようにはなっていので、この68TBノンリバースのボディー材のマホガニーが特別に柔らかいのかな?と疑問を覚えながらも対処法を考えてみました。

IMG_4020.jpg このままどんどん太くて長い取り付けビスに交換していく事はできないので、ボディーの穴周りを補強する事にして、先ずは長円形のビス穴を4.5mm径の木工ドリルで丸穴にしました。


 これから木の棒で穴埋めを行います。いつもはこの様な穴埋めの際にはホームセンターに売っているラミンの丸棒を使っているのですが、そのラミンの丸棒は柔らかくて加工性には優れていても今回のように強度を求める時には不向きな材です。

IMG_4030.jpg 何か適材はないかな?と部品箱を探したらローズウッドの端材があったので、5mm角にノコギリでカットしたものを電動ドリルのチャックに咥えて回転させながらヤスリで削り、4.2mm径の鉛筆状の打ち込み栓を3本作りました。


IMG_4032.jpg ローズウッドの栓をボディーに打ち込んだ後は、その際に併用した木工用ボンドの乾きを待ちます。


IMG_4095.jpg 一晩置いてボンドが乾いたら、飛び出た栓の頭をカットして、2.2mm径の下穴をボディーに対して垂直に開けました。その際には、ビス穴の底のボディーエンド側に固いローズウッド材が残るようにビス穴のセンターを僅かにブリッジ側に寄せています。


IMG_4101.jpg 前述の細めのオリジナルのビスでテールピースを固定して、弦を張った状況です。これがメーカー出荷時の状況です。


 メンテ前(左画像)とメンテ後(右画像)を比べると、テールピース取り付けビスの頭の見え方が変わっているのが分ります。ほんの僅かな変化なのですが、心の中は大満足の結果となっています(笑)。

IMG_4102_20170129150031197.jpg         IMG_4103.jpg


 ビス穴廻りを補強したとはいえ、Fenderのブリッジのようにフラットなブリッジプレートを5本の長いビスで取り付けている程の強度にはなっていないので、今後は弦の張りっ放しは控えるようにしなければなりません。
スポンサーサイト
 64Thunderbird revers Ⅳ(ⅡではなくてⅣと呼んでいます・・・笑)はフレット打ち替えの為に手元に無いので、別のThunderbirdネタです。

 Thunderbird Ⅱ→Ⅳ その⑧で少し触れたのですが、プレイする際にピックアップのメタルカバーにピックが当たると、アンプから結構な音量で「カチッ・カチッ」と打音が聞こえてきます。エレキギターでもありうる話ですね。

IMG_2656_20160718184330933.jpg これは68Thunderbird non-revers Ⅳでも同様で、私はリアピックアップ上でピック弾きをする事が多くて打音が頻繁に聞こえるので、何か対応策がないか検討を開始したのですが、それには先ず“相手を知る”事が必要です。


IMG_2571.jpg 68Thunderbird non-reversから摘出したリアピックアップの裏蓋を6ヶ所のハンダ付け箇所のハンダを溶かしてハンダ吸い取り線に滲み込まして除去し、取り外しました。←と、軽~く書いていますが、作業時には熱を過度に加えると内部のコイルを痛めるので緊張の連続でした(汗)。


 ピックアップ裏面と裏蓋に白く付着しているのはシリコンコーキングです。裏蓋側はこのように分離できたのですが、ピックアップカバー側は箱になっている為に無理をするとコイルを断線させる恐れがあり、コイルの摘出は諦めました。

IMG_2575.jpg シリコンコーキングは指で擦るとすぐに落す事ができました。黒の樹脂製のボビンを良く見ると、穴が開いているのが分かります。「えっ、これはもしかして、ギター用のボビンの流用?」と思ったのですが、穴の数が7個あったのとボビン自体の大きさも異なるのでギター用のボビンではなかったです。推測ですが、当初は7個の円柱形のポールピースでボビンを設計・製作したのだけど、好結果とならなかったので長い溝穴に開け直してポールピースをバータイプに変更したのかもしれません。


 さて本題の打音の要因をさぐってみました。先の画像にあるようにピックアップカバーとピックアップコイルの間にも同様にシリコンコーキングが充填されていると思われるのですが、このコーキングはボビン全面に塗布されていなくて所々に空隙がある為にそこでピックでの打音が響くのではと推測しました。

 ピックアップ本体から見ると磁性体であるメタルのピックアップカバーは弦と同じで、ピックがカバーに当たるとその振動は出音となります。ピックアップカバーが振動し辛いようにピックアップ本体との隙間が無くなれば良いのですが、ピックアップ本体をカバーから取り外す事ができなかったので、シリコンコーキングをその隙間に追加充填する事も出来ません。

 先に64Thunderbird reversのピックアップでは、裏蓋に圧力を掛けて取付けして打音を減少させているので、このピックアップもその方法で対処する事にしました。

IMG_2577.jpg ボビン裏面にシリコンコーキングを塗布して、


IMG_2579.jpg 裏蓋を乗せて、空隙を減少する為にシャコ万力で締め付けて、ハンダ付けを行いました。


IMG_2583.jpg 新たなハンダにはワイヤーブラシを掛けてキラキラの艶を落し、元の網シールド線を取付けしました。このピックアップ単体でアンプからの出音をチェックしたのですが、先の64Thunderbird reversほどの好結果とはならず、ピックでの打音はあまり減少していなかったです(泣)


 ピックアップカバー裏にはシリコンを充填する事が出来なかったので仕方がありませんね。やはりリペアショップでの(溶かした蝋にピックアップを浸ける)ポッティングを行うのがよいのでしょうか?いやその前にもう一つの対処方法を行ってみました。



 ピックアップ内側で対処できなかったので、今度は外側です。

IMG_2584.jpg この画像では既に打音減少の対処を行っているのですが、お分かりですか?分かりませんよね、見えないのですから(笑)


IMG_2593.jpg ピックがメタルのピックアップカバーに当たった時の打音が聞こえるのだから、そもそもの打音を減少させれば良いと考えて、ピックアップカバー表面にクリアーのフィルムを貼ってみました。このフィルムは窓ガラスの飛散防止用で、フィルム表面は傷に強く、糊の成分は強過ぎないのでボディー塗装にも問題が無いもので、これまで色んなケースで重宝しているものです。


 アンプに繋ぐ前にピックアップカバーをピックで叩くと、薄くはあるのですが樹脂のフィルムが緩衝材となって、生の打音が減少していました。そしてアンプからの出音をチェックすると、これまでの「カツッ・カツッ」という打音が「コン・コン」と変化していて、ベースのフレーズの中では目立たない程度に減少していました。

IMG_2659_20160718184332a77.jpg 全く打音が無くなった訳ではないので、今後はピッキングポイントやピッキングの強さを変えて対処しようと考えているのですが、ヴィンテージのThunderbirdの“短所”ともいえるこの打音もスラップでいうところの“ゴーストノート”的な“隠し味”になっているのかもしれません。
 76年の建国記念のThunderbird用のピックアップとブリッジのフェンスセットを入手して68年のノンリバ用として使おうとしたのですが、ブリッジフェンスの方は高さが異なってマッチングしない事が判明しました。しかし捨てる神があれば拾う神ありで、ちょうどヤフオクでノンリバ用のクロームメッキのブリッジフェンスが出品されているのを見かけました。

IMG_0442.jpg この商品の出品者はGibsonのヴィンテージパーツを主に取り扱われている方で、私も何度か取引をさせていただいています。その出品者にフェンスの高さを質問して間違いは無い事を確認して、落札→入手したのがこちらです。綺麗に光るクロームメッキに少しの使用感が加わり、程良いヴィンテージ感を覚えます。


 68年ノンリバのボディートップに、先行で入手していた76年建国記念用のピックアップフェンスと共にこのブリッジフェンスを置いてみました。取付けビスは未入手なのでありません。うーん、格好良いです。ノンリバの“ブサカワ”なボディーデザインにマッチングしています。私が実際にプレイする際にフェンス類を装着する事は無いのですが、パーツが揃っているとなると精神衛生上よろしいです。

IMG_0471.jpg          IMG_0465_20150420182937ae1.jpg




IMG_0475_20150420183018817.jpg このブリッジフェンスには、取付けの際にボディーとの間に挟むABS樹脂製の黒のスペーサーが付属していたのですが、これってノンリバには付いていたのかな?という疑問があります。


 リバースモデルのボディートップのセンターには、ピックアップやブリッジが取り付けてある幅で2~3mmの盛り上がりがあり、この段差を嵩上げする為にスペーサーを使っているのは知っていたのですが、ボディートップがフラットなノンリバにはスペーサーが付いていないとの認識を持っていた私です。

IMG_0476.jpg ネット上で見られる他の多くのノンリバの画像をチェックしてもこのスペーサーは無いですし、私のノンリバのボディーにもスペーサー無しでブリッジフェンスが直接取付いていた痕跡があります。


 以上、私の調べた範囲ではノンリバのブリッジフェンスにはスペーサーが無いとの結論になるのですが、どちらにせよストックするのには問題無しとしておきます。どなたかご存知の方の情報もお待ちしています。



IMG_0483_2015042018302249f.jpg 以上のエントリーで説明したように、60年代~70年代に掛けてThunderbirdのブリッジフェンスはメッキと形状(高さ)の違いで計3種類ある事が分りました。


 何個かストックしているブリッジフェンスの内で左5個は70年代以降のものとなります。

IMG_0484.jpg


 70年代からはGibsonのベースの殆どが3点支持タイプの大型ブリッジの装着となり、このブリッジ用に背の高いフェンスが取付けられたものと考えます。60年代のThunderbirdに取付けるべく、これまでにブリッジフェンスを集めてきたのですが、目論見が外れました(汗)
IMG_9413.jpg クロネコの国際宅急便にて届いた物は・・・。


IMG_9416.jpg Gibson Thunderbird用のピックアップです。アメリカのオークションe-Bayで、自分へのクリスマスプレゼントとして落札したのですが、落札から20日経過し、年が替わってお年玉も終わったこの時期に手元に届きました。


 実はこれは1964年製のThunderbirdから取り外したピックアップ(以下64TB PU)です。64年というとまだリバースモデルの時期で、Thunderbirdが最もThunderbirdらしかった年代だとの認識を持っている私です。

 かなり以前からこの年代のPUを探していたのですが、なかなかブツに出会えずに、あったとしてもかなりの高額でした。ちなみに先日までe-Bayに出品されていた別のPUがあったのですが、それは即決価格499ドル(約60,000円) !でした。入手した物はもっと安くからのオークションスタートだったのですが、数名の入札の中からなんとか想定内の予算で落札しています。

 さて、手元に届いた事だけを喜んでいてはいけません。日本国内のヤフオクでもこれまで色んなPUを落札した中で、何個かは断線していて音が出なかった事があったので、テスターによる導通のチェックは欠かせません。

 その導通のチェックを行なおうとしたのですが、どうせの事なので、私がストックしている他のThunderbird用のPUもチェックしようと思い立ちました。

IMG_9509.jpg


 作業ベンチの上に並べたのは、右から今回入手した64TB PU、左にSeymour Duncan Custom ShopにオーダーしたPU(以下 Duncan PU)、現行USA Thunderbird用PU(以下 USA PU)、そして左端がEpiphone-JapanのThunderbird用PU(以下 Epi-J PU)です。

IMG_9507.jpg


 ぱっと見て、ケースの大きさも色々とありますね。更についでに外寸や重量も測定してみましょう。次回に続く・・・。
 新たなベースの購入予定は無くて、ベース本体以外のblogネタばかりとなっている昨今ですが、今回も同様でケースについてのエントリーです。しかもThunderbird用のケースばかり7種類です・・・(汗)



① 68ノン・リバース オリジナルケース

IMG_4912_20131104201919c03.jpg          IMG_4916.jpg


 無理な力が加われば歪みそうなペランペランの外装と、毛足の短い黄色の内装が特徴です。内部のホールド性が悪くて、ケースの中でベースがゴトゴトと動くので、入手以来私は使っていません。



② 年代? リバース オリジナルケース

IMG_4917.jpg          IMG_4920.jpg


 ①の“使えない”ケースの代用を探していた際にヤフオクで入手したもので、製造年は定かでは無いのですが、後述する④の現行ケースになる前のでは?と推測します。

 これにはノンリバを入れているのですが、勿論この年代にはノンリバは製造されてなくてリバース用のケースです。しかし入手時に内装を見たらボディーエンド部のスポンジ下地のパットが、今回私が入れようとしたノンリバのアウトラインと同じ形状で潰れていたので、前のケースの持ち主はノンリバを入れていたのでは?と思います。最近再販されたノン・リバースの発売以前にこのケースを入手しているので、ノンリバが入っていたとしたら当然ヴィンテージになりますね。

IMG_4955_20131104220642872.jpg その潰れたパットのままに私のノンリバを入れるのは収まりに少々無理があったので、パットを外し、スポンジ下地とモコモコの赤い表地を剥がして、ノンリバのボディーエンド部の形状に作り変えました。①のケースよりも強度があるので、運搬時や保管時にはこれを使っています。




③ 77年建国記念 オリジナルケース

IMG_4930.jpg          IMG_4932.jpg


 76年に再販されたリバースモデルは米国の建国200周年にあたるので建国記念モデルと呼ばれているのですが、私のリバースモデルは76年のパーツで77年初頭に作られています。そのオリジナルケースですが、長年の使用で外皮にダメージが有り、黒いガムテープの補修箇所がベタベタするので、これも使用していません。



④ 現行リバース用ケース

IMG_4925.jpg          IMG_4926.jpg


IMG_4948.jpg ③のケースが使えないので、入手した現行のケースです。とても強度があり、内装もゴージャスです。キラキラのサテン地のインナーカバーをめくる際はいつもドキドキしてしまいます。「ちょっとだけよ」みたいな・・・(古っ)。ただし、とても重くて持運びは大変です。サイズ(長さ、幅、厚さ)も今回のケースの中で最大です。




⑤ Epiphone ケース

IMG_4935.jpg          IMG_4936.jpg


 Epiphone-Japanのリバースモデルを入手したので、保管用にと入手したケースです。ホールド性は良好です。私はこのケースを持出ししないのでよいのですが、トップとエンド側に皮の増し貼りのプロテクターが無いので、立て掛けるとここが傷つき易いのでは?と思います。



⑥ GIGBAG ギグバッグ

IMG_4939.jpg          IMG_4940.jpg


 その名もGIGBAG社製のThunderbird リバース用ギグバッグです。本皮風の外皮がとてもレトロな雰囲気を醸し出しています。ケースの外周がボディーラインをキッチリとなぞっているのですが、あまりにもキッチリ過ぎてファスナー開口寸法が狭くて、ベースを押し込むのに苦労します。更にクッション性が乏しい為に私はこれを使ってはいません。何故か2つも持っているのですが・・・(汗)



⑦ ギグバッグ

IMG_4943.jpg          IMG_4945.jpg


 何の変哲も無いフツーの廉価なリバース用のギグ・ケースなのですが、これってなかなか良いです。ウレタンスポンジも厚くてしっかりとサポートしてくれます。特筆すべきはこの3角形の底辺を下にして、壁に立てかけられる事です。(⑥のギグバッグは縦置きに出来ません。)廉価なだけあって外装生地にしっかり感は無くて持ち手も細い帯状なのですが、移動は車で行う私にとっては車への出し入れの時にしか持ち手に触らないので、これで充分ですね。さすがにヴィンテージはこれでは運べませんが、Epiphone-Japanにとっては必要充分です。



 現在4本のThunderbirdを“飼って”いるのですが、入手時に付属していたケースが気に入らずに新たに求めていたら、7種類で計8つのケースとなっていた、という事です(汗)。それにしても多過ぎますね。要処分&整理です。

 これと同様にFenderのケースもスペアがあるのですが、これはエントリーにアップする程ではないです。だって殆どがブラックの“いつもの”ケースですから。
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム