Category : Atelier Z 605
 Atelier ZVintage 605を気に入って最近はメインで使っているのですが、人間というのは幾らでも欲というものが湧き上がる生き物のようで・・・(汗)、その出音に更なる要望が出てきました。

 具体的には、もう少し円やかな音にならないか?ということです。弦が新しい間はかなりビンビンと鳴って少々耳障りな状態が、少し弦が死んでくると高音域は良い加減になるのですが、今度は低音域がモコってしまう・・・(泣)。もう、弾いている本人しか分かり得ない違いなのですけど・・・(汗)。でも、その少しの違和感がストレスになってしまうのです。

 どこかのサイトで「プロのベーシストはどんなベースを弾いても同じ様な音がするのは、本人がこういう音を出したいとイメージする音になるように弾いているからだ。」とありました。当たり前の言葉のようですが、詳しく述べると「弦を弾いてアンプからの出音に反応して、瞬時に自分の好みの音となるように弾き方を微妙にコントロールするという作業をひたすら繰り返している。」ということになります。このループ作業中で、弾いているベースに「何か違うな・・・」と感じ始めたら、そこからはもうストレスとなってしまう訳です。

 という訳で、「何か違うな・・・」を解消する為にはどうするか?と考えたときに、一番初めに閃いたのが、PUの交換でした。ビンテージベースでは行うはずの無いこの方法ですが、現行品のベースならば“有り”ですよね(笑)。

 とは言うものの、果たして5弦ベース用のリプレースメントPUに互換性はあるのか?という疑問がまず頭の中をよぎりました。4弦ベースにはFenderという世界基準があって、ほぼどこのメーカーのPUでも対応製品は有るのですが、仮に同じJBスタイルだったとしても5弦ベースには標準モデルというものが無いのですから心配になるのは当然です。

 しかし調べてみると、様々なメーカーのJB用の5弦用PUでもFenderの4弦用と外寸が同じものが有ることが分かりました。もちろん、PU交換を目論んでいるAtelier ZのPUをチェックしたらFenderの4弦用と同寸でした。

 そこで、更に精査してみて候補をSeymour DuncanSJ5-67/70と、DiMarzioDP549の2種類に絞り込みました。Bartoliniはこれまであまり相性が良くない(音が沈みすぎてしまう)為に候補から外しました。

 この2種のPUの内でも私のAtelier Zのブリッジでの弦ピッチ18mmにジャストに適合していたのは、DuncanSJ5-67/70でした。DiMarzioDP549は19mm対応です。しかし、納期を確認したら、、Duncanは2~3ヶ月ということで(それまで待てない私は・・・)断念して、DiMarzioをオーダーしました。

そしてオーダー4日後に入荷したDiMarzioDP549をさっそくAtelier Zにインストールしてチェックしました。

DSCF1655.jpg


 アンプから音出しをしたとたんに「こりゃなかなか良いね(笑)」と感じました。弾いた音それぞれがゴムマリの様に弾んでいます。西洋梨の様に下側が膨らみすぎることは無く、またイガ栗の様にハイにトゲが有るわけで無く、ポンポンと跳ねる感じです。音の立ち上がりとピークを超えての収束感が私の感性にかなり近い具合となって、弾くのがとても楽しくなります。この音の収束感がPUで変わる事を今回初めて知りました。ボーンと伸びていた音が、ボワンッと収まっています。

 その収束感のお陰で、5弦3フレットのローD以下はみんな同じ音がする(汗)5弦ベースが多い中、5弦開放のローB音も音像がしっかりと掴めます。又、4弦から5弦への繋がりもスムーズで、音質・音量共に違和感を覚えません。(←これが、ちゃんと出来ている5弦ベースが少ないのです・・・)

DSCF1648.jpg 3弦を山頂としてスタッガートとなっているポールピースにより、3弦ポールピースのみ飛び出ていたAtelier ZのオリジナルPUよりも各弦の出音のバランスは良好です。願わくは3弦のポールピースをもう少し沈めたらベストなバランスになると思うのですが、望み過ぎでしょうか?(汗)。


 写真には有りませんが、PU裏にはアース線が繋がったシールド用の胴板があり、ノイズ対策も施されているので、PUキャビティー底のアースプレートは不要です。アンプに接続してのチェックではAtelier ZのオリジナルPUよりノイズが減少しています。

 さらにポールピースの着磁をチェックすると、1~2弦と3~5弦用のポールピースで磁性が逆になっているので、それぞれにコイルを巻いて、逆磁・逆位相としたハンバッキング構造となっているのが分かりました。ノイズに強いはずです。この構造のお陰でどちらかのPU単体の使用時でもノイズは少ないです。これに比べると、当初候補に挙がったDuncanはFenderを周到した作りとなっているので、ノイズには不利となっています。

 Atelier ZオリジナルPUと比べて、音量は同等で音質は円やかでかつゴン太へと、当初の交換目的に一致した結果となり、更にノイズレスという事もあり、今回のDiMarzioDP549PUへの交換はかなり高い満足度が得られました。
スポンサーサイト
 最近はずっとこればかり弾いていて、メインベースとなっているAtelier Z Vintage 605ですが、以前エントリしたPUのポールピースに追加で貼り付けたネオジウム磁石のセッティングを変更しました。

PU 1 入手時に4弦の出音が小さく感じた為に、4弦を受持つ2つのポールピースの内、5弦側のポールピースのみに長方形のネオジウム磁石を貼り付けて、4弦の出力を増強させていました。

 その時はそれで満足していたのですが、しばらく使っていると、どうもその4弦の音質が気になってきました。弦振動を拾い過ぎて不要なハイの成分が出ているのが耳触りになってきたのです。


PU 2 そこで、ネオジウム磁石の磁力を少し減ずる為に、長方形の磁石を正方形にヤスリで削ってみました。

 ところが、これでは4弦の出力が落ち過ぎてしまって、パンチを感じなくなってしまいました。難しい・・・(汗)。


 その後、様々に磁石を貼替えてチェックして、最終的に満足する出音となったのがこのセッティングです。

PU 3        PU 4


 ネック側のPUの4弦用の2つのポールピースにまたがって長方形の磁石を貼り付けて、ブリッジ側は磁石を取り外しました。これで、ローはしっかりと沈み込んでパワー感は有るけど、嫌味なハイは出てこないという出音になりました。磁石を貼っていない他の弦とのバランスも良好です。

 いくら5弦ベースでも一番重要なのは4弦の開放~5フレット迄のローの出具合ですから、これが気に入ったものとなるとベース全体の出音も一気に良好なものとなります。最終的に1片のネオジウム磁石のお陰ですごく良い音が出るベースになりました。

 そして、この春に入手した際に調整していたトラスロッドですが、この夏の暑さで順反ってきた為に、ロッドを締め込んでネック調整を施した後はとても弾き易くなりました。“弾き易くて、良い音がする”このAtelier Z Vintage 605は、現在ベストな状態です。しばらくはメインベースの座は安泰かと思われます・・・(笑)。
 現在メインで使っているAtelier ZVintage 605はパッシブなので、簡単に出音を変化させようと考えたら、トーンコントロールのコンデンサーの取替くらいしか思い浮かびません。

2008_0620Lakland0049.jpg そこで、以前に購入した後に部品箱に入りっ放しだったこのコンデンサーを一度チェックしてみようと試みました。これはALLPARTSVITAMIN-Qで、容量は0.047μFでシングルコイル用なので試してみる価値はありそうです。
 

2008_0620Lakland0051.jpg Atelier Zにオリジナルで取付けられていたのはORANGE DROPで、製品としては悪くは無いのですが、どちらのコンデンサーが好みの音となるのかチェックしてみました。
 

 チェック方法はとても原始的なもので(笑)、2つのコンデンサーの片側の足をハンダ付けしておいて、他方の足を付けたり外したりして、アンプからの出音を聞き比べました。

 その結果ですが、VITAMIN-Qは穏やかな効き具合でハイの成分を上品に絞り込むという感じがしました。対してORANGE DROPはハイの絞り加減はVITAMIN-Qと同等なのですが、明らかに中低音域が増してきます。オリジナルのパーツだった為にこれまで気が付かなかったのですが、このAtelier Zのゴン太な出音はこのORANGE DROPによる要因もあったのですね。2、3度コンデンサーを付け替えて比較しても同じ感触を得たので、元のORANGE DROPに戻して、チェックを終了しました。

 今回のコンデンサーチェックでは新たにVITAMIN-Qを使う事には至らなかったのですが、比較してみてオリジナルパーツのORANGE DROPの良さが理解出来て、結果としてはOKでした。

 私はトーンを極端に絞ることは無く、スラップ時にハイを抑える為に少しツマミを回す程度なのですが、良い具合にローが張ってハイを抑えてくれます。
2008_0529Case0010.jpg 最近のお出掛けLiveには、この二つのケースを持ち込んでいます。
 

 中身はこちらです。ベースはAtelier ZVintage 605、そしてAvalon U5はPA用のDIとしてではなくベース→ベースアンプ間のプリアンプとして使っています。

2008_0529Case0006.jpg


 これまで、SansAmpベースドライバーDIをかましていた時には、何かベールに包まれた様な遠くで鳴っていた感じがしていたのですが、Avalon U5に替えてからは、ダイレクトで押出し感充分な太い音がして、ベースを弾いていても気持ちが良いです。これって特にLiveでは重要な事です。アンプからの出音が気になってプレイに集中出来ないのは、自分だけでなくバンド全体のステージングに影響しますから・・・。

 Vintage 605は元々太い音がするので、Avalon U5のブースター回路を最小目盛りの位置で使ってプッシュ感を付け足しています。プリセットのトーン回路で更にファットな音に加工出来るのですが、やり過ぎると音像がボケてしまうので、トーン回路はスルーしています。厚化粧はダメということで・・・笑。

 各ライブハウスの置きアンプにも問題無く対応できて、殆どのアンプのセッティングはセンターフラットでOKです。遠方のLiveに出掛ける事が多くて、リハ無し本番がフツーなのですが、バンド入れ替えの短時間でのセッティングで好みの音が出せるのは、ホントに助かります。

 先日の広島JiJiのLiveを聞きに来ていただいたソウル大臣のベーシストのShibaさんに『F-nieさんは、4弦だろうが5弦だろうがどんなベースを弾いても同じ音がしている』と言われたのは、“いつも自分の音が出せているのだ”と解釈できて嬉しかったです。
 GOTOH製のオープンタイプのペグは(当然)5ケ有るのですが、ヘッド落ちを感じないで済むことから軽量なものと推測します。ベースプレートも小さめなものです。遊びは皆無で、弱いタッチでもスムーズにチューニング出来るのは、さすがに現在のペグという感がします。

AtelierZ1 (17)        AtelierZ1 (15)


 表側から見るとペグの形状がビンテージタイプと同じで、美味しいデザインとなっています。

 又、ヘッド表側はボディと同じくオフホワイトに塗装されているマッチング・ヘッド仕様なのですが、これはオプション・オーダーとなります。
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム