Category : Fender 63PB
IMG_9097.jpg 私の63PBに元から付いていたSKのトーン・コンデンサーを取外しての出音チェックでは、とても元気の良い明るめのギンギンとした音がアンプから飛び出していました。そのチェック後にはダイレクトロンのコンデンサーを取付けてハイを押えていたのですが、他のベースと比べるとこの63PBの場合は、トーンポットがフルテンでもコンデンサーの有無でハイの出具合が大きく変化していました。


 バンドでの練習の際に、ダイレクトロンのコンデンサーでトーンポットをフルテンにしていても「もっとハイが出て欲しい」と思われるシチュエーションも有ったので、これをどう対処しようか?と考えたのですが、トーンポットを換えてみる事にしました。

 同じポットを使っていてもフルアップの際は、ボリュームでは抵抗値が0、トーンではそのポットの抵抗値Maxとなるように配線されています。63PBの場合、トーンポットは250KΩの抵抗値です。これとトーンコーコンデンサーとが直列に結線されたものが、ホットとコールド(アース)の信号間に挿入されています。

 と言う事は、250KΩのトーンポットを倍の抵抗値の500kΩに換えると、フルアップ時にトーンコーコンデンサーを流れる電量は1/2となり、トーンが絞られる割合が少なくなると想定されます。

IMG_9119.jpg これを実践してみました。トーンポットを手持ちの500kΩに、そしてこの際なので63の刻印のあるオリジナルポット2個は将来に温存する為に、ボリュームポットもCTSの250 kΩに交換しました。


 このポットの組合せでの出音チェックです。500kΩのトーンポットがフルアップの際はこれまでの250kΩよりもハイが立って来たのですが、コンデンサーレスのギンギンの音からは少し押さえ気味となっていて、使い勝手が良さそうです。先日のバンド練習の際のチェックではトーンツマミが《7》位のポジションで好みの音となっていました。

244_36DPEAWWIE.jpg この状態で先般の“広島ベース会”に持込んだところ、多くのベーシストに高い評価をいただいています。トーンを換える前はモコリ気味のあまりお勧めの出音ではなくて持込みを躊躇していたのですが、この結果をみても今回のトーンコンデンサー交換は“正解”だったと言って良いでしょう。写真は「このベース欲しい」と言わんばかりに、ず~っと弾かれていたムタさんに抱かれた63PBです(笑)。


 最近の試行錯誤で、PUの素の音をトーン回路のコンデンサーやポットによって様々に変化出来る事が分かりました。アクティブ回路やプリアンプでのトーンコントロール程に劇的な変化とはならないのですが、ベースのコントロールキャビティ内のパッシブトーン回路の工夫で、ジャックからの出音を好みに近い物にしておければ、そこからのトーンコントロールはとても楽になると思います。

 ベース本体から気に入った音が出ていないものを後から補正するのはとても難しいですし、最終的にどうしても自分の好みとならないケースも多いと思います。それになりよりもコンデンサーやポットは1個数百円で入手出来るので、1台何万円もする高価なプリアンプやEQに比べて費用対効果が高いと言わざるを得ません。



 正月休みの63PBのメンテの締めくくりに、この作業も行いました。

IMG_9115.jpg この63PBの入手時にはピックガードがジャック部で破損していて、それを補修していたのでした。その後数年を経て、更にピックガードの収縮が進み、補修部に隙間が現れてきたので、先般、G&L SB-266PBのメンテの際に行ったアルミプレートでの補強を行いました。


 66PBのアルミプレートを作った際に型紙をとっていたのですが、これは63PBと微妙に形状が異なっていたので使えなかったです。当時はコンピューター制御のNCルーター等ある訳なく、全て手作業でのキャビティー彫り込みだったので当然の事です。



IMG_8997_20120103175438.jpg 一連のメンテ&プチモディファイを経て、この63PBはこれまでのモヤッした出音とうって変わって、Rock向けとも言えるとても押出し感の強い出音となりました。これによって今後持ち出す機会は増えそうですが、そうなると少し気になる箇所が出てきました。それはルックスなのですが、リフィニッシュしたボディがあまりにも奇麗なのです。以前からショップと相談してはいるのですが、この際レリック加工に出そうかな?と考えています。
スポンサーサイト
 正月休みの間、66JBに続いて手持ちのフェンダーベースをメンテしています。まずは63PBからメンテ内容を報告します。

IMG_9003_20120103175356.jpg




 PUポールピースのアース落し

IMG_9080.jpg ポールピースに指が触れる際のジーというノイズ対策で、PU裏にアルミテープを写真の様にカットして貼り、導電塗料でポールピースとアルミテープを導通させています。


 トーンコンデンサー交換

 これまでこの63PBの出音は、全音域に亘ってモワ~ッとくぐもった感がして、ヌケの悪さを感じていました。特に3~4弦はローが出ているのに切れが悪くて、これはライトウェイトアッシュのボディ材に因るものかな?とずっと思っていました。しかし、このところトーンコンデンサーを取替えして良い結果になっていた事から、このベースもコンデンサーを交換したら何とかなるのかな?と考えました。

IMG_9087.jpg 左画像で配線に隠れて分かり辛いですが、オリジナルはSKのスタンプがある0.1MFDのセラミック・コンデンサーが付いています。


 このコンデンサーを取り外してアンプからの出音をチェックしました。その結果は正に“目から鱗”でした。これまでとは比べる事が出来ないクリアーでギンギンの音がアンプから飛び出してきました。音量も明らかにアップしています。

 トーンポットがフルテンの時もコンデンサーにはホットの信号が通ってトーン回路が機能している事は理解してはいたものの、これだけの差があるとは!オリジナルのコンデンサーはかなりウォームな方向に作用する物だったのですね。

IMG_9092.jpg と、言う事はコンデンサーを色々と試してみたら自分の好みの音となるのでは?と考えて実行することにして、先ずこの回路を作ってみました。何じゃこれは?と思われるでしょうけれど、これは最低限のパーツから作ったトーンコンデンサー比較用の回路です。シールド線とポットとコンデンサーをくわえるワニ口クリップで成り立っています。


IMG_9096.jpg このトーン回路のプラグはベース側、アンプ側のどちらに挿しても良いのですが、コンデンサーの取替えがやりやすいように台の上に置いたエフェクターのイン側に挿しています。

 これでアンプからの出音をチェックしながらコンデンサーを順に試してみました。この時は既にベース本体のトーンコンデンサーは取外しています。


 いゃー本当にトーンポットがフルテンの状態でもコンデンサーに因り、音が異なっています。同じキャパシターのコンデンサーを比べたら、大型のオイルコンデンサーはウォームな効き、薄型のセラミックコンデンサーはローとハイがカットされてミッドが立ってタイトな効きとなっています。

IMG_9097.jpg 手持ちのコンデンサーから選んだのは、このところの私の“ツボ”となっているダイレクトロンの0.05MFDです。PBらしい押出し感はあるものの、極低域と耳障りなハイはカットされて、とても塩梅の良い出音となりました。


 この日のチェックでは、オリジナルコンデンサーのウォームな音、コンデンサーを外した時のギンギンな音、ダイレクトロンのコンデンサーのタイトな音の3種類の音が同じベースから出せました。コンデンサー、侮りがたしです!これにコンデンサーのキャパシターの数値、トーンポットの抵抗値等を組み合わせるとなると・・・、奥が深いです(汗)。

 PUのウレタンクッションの交換

 トラスロッド調整 
 
 少し順反るようにトラスロッドナットを緩めました。

 弦交換

 弦高調整 

 指板にレモンオイル塗布 



IMG_8997_20120103175438.jpg 以上のメンテナンスで、この63PBはこれまでで一番の低音を鳴り響かせています。大満足な結果となりました。

 えっ、G&LSB-2のセッティングですか?正月の間は作業休みです(笑)。
 手持ちの古いベースのPUのポールピースをアースに落とす作業を進めています。今回、作業をしたのはこちら63PB ブロンド・アッシュです。

_IGP4311.jpg


_IGP4307.jpg PUを裏返して、いつものやり方でサクサクとポールピースをアースに落としました。この年代はこの様に黒のボビンとなっています。

 この作業は本当に古いFenderベースに有効で、作業後は左手が弦に触れるor触れないに関わらず、右手指がポールピースに触れても“ジー”というノイズは消えてしまいます。使うのはアルミ箔テープと導電塗料だけなので一度お試し下さい。


 今回、63PBに施した他の作業は、ピックガードが縮んでPUカバーを締め込んでPUの上下がし辛かったので、ピックガードをヤスリで削ってPUの開口に余裕を持たせています。




_IGP4310.jpg             _IGP4314.jpg


 そして、以上の作業後に先日予告した様にghsPrecision Flatwound弦に交換しました。今回は前回よりもケージの太い45-105のセットです。さすがにフラット弦の105のゲージです。これまで同じゲージのラウンド弦を張っていたネックのセッティングではこのテンションを受け止められずに順反ってきた為に、トラスロッドナットを60°締め込んで対処しました。一旦テンションが掛かった後はネックは安定しているので安心しています。

 先ずはそのテンション感ですが、かなり張りが強くなったのを感じます。いかにラウンド弦やトマステックで指が柔になっていたかを思い知らされた感があります。ただそのテンションの強さに比例してローの出具合も確実に増しています。先日、先行で試したPrecision Flatwoundの4弦095と同じベースでは比べてはいないのですが、やはり差を感じてしまいます。

 音質そのものは1~2弦の明るさと3~4弦のモコり具合の対比がはっきりとしていて、音色の幅を感じます。先日のウチのバンドの練習で新レパートリーのTower Of PowerWhat Is Hip?の音合わせを開始したのですが、3弦7フレットのE音の“プクプク”具合がとても曲にマッチしていました。

 これまで、この63PBはその軽量ボディ故に出音も軽やかだったので、出番があまりなかったのですが、今後はなるべく持ち出してフラット弦+PB、そしてAmpegの組合せを楽しんでやろうと思っています。
 ここ一年前からは立ち読み専門雑誌となっていたBass Magazineですが、8月号は久々に購入しました。下の62JBのバラバラ写真が掲載されていたからです。そろそろ最新号が発刊されるのでここに掲載しても問題は無いでしょうね?興味のある方は購入してご覧ください。

Bass Magazine 62JB


 もう見事なバラバラ写真ですね。よく見るとブリッジサドルも高さ調整ビスを抜いて、しかも穴がきっちりと天に向かっています。




 その写真を眺めながら、「あれ、この構図はどこかで見たような・・・?」。実は、私も以前同様に63PBをバラバラにした事があったのです。

dc021507.jpg


 写真のデータによると2005年に入手した63PBをメンテの為に分解した際に記録として写したものです。と言いますか、写真を撮るor撮らないに関わらず、古いベースを入手した際には殆どこの様にバラしてパーツをチェックしています。

 特にこの63PBは入手前に既にリフィニッシュされていたのですが、レアなブロンズのアッシュボディという事で、パーツチェックも慎重に行ったのを思い出します。

 この後にボディは再びリフィニッシュにショップに出して、もう少し気味が強くなった色合いで、かつ極薄の塗装仕上げにしてはいるのですが、現在あまり多く弾く機会がありません。3.6kgという激軽ボディの為か音も軽めで、今ひとつ押し出し感に欠けるのです。でもこの悩みは解消出来るかもしれません。先日エントリーしたghsのフラットワウンド弦(今回はミディアムケージ)を注文していて、届いたら張り替えようと思っているのです。結果が楽しみです。
 以前のブログで私の63PBを紹介した際に、同じビス穴の位置を持つピックガードのベースとして紹介した59PBそのものがこちらで販売されています。

DS00503289.jpg


 ギターコレクターとして著名なNorman Harris氏のコレクションからの放出品で、出所もしっかりとしていて、かつ彼のコレクションを紹介した本Norman's Rare Guitarsにも掲載されているので、コレクターズアイテムとしても価値がありそうです。

DS00503289_1.jpg  DS00503289_2.jpg  DS00503289_3.jpg


 それならば、売価の¥1,980,000も妥当な価格かな?と感じてくる辺り、昨今のビーンテージベースの価格が高騰し過ぎて、価値観が麻痺している私です・・・(汗)。まぁ当然私にはこんな価格のベースなんぞ買えっこないので、関係ない話なのですが・・・(笑)。それにしても程度良さそう~、欲しい~(汗)。

 追記:このベース、掲載されているNorman's Rare Guitarsでは60年製となっているのですが、今回販売しているショップでは59年となっています。どちらが正しいのでしょうか・・・?
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム