Category : 未分類
 
明けましておめでとうございます。


IMG_5940.jpg


 戌年になったのですが、何故か画像は去年の干支の酉(雷鳥)だらけです(笑)。今年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
 例年の如く今年もゴールデンウィークの後半に上京しました。東京滞在中の一日を予定フリーにしておき、その日はblogでお付き合いのある方々にお会いしました。

 先ずは昼前からすわべさんOCQさんと楽器屋巡りを開始し、午後からはshinmei_tさんが合流するという流れでした。楽器屋巡りの詳細は同行したどなたかがblogにアップされるのを待つことにします(笑)。

 私としては現在欲しいなと思うベースが無いので、新品はスルーして中古アンプやパーツの出物をチェックしていました。と言いながらも渋谷のベースコレクションの圧巻のハイエンドベース群や、新大久保のハイパーギターズのヴィンテージベースには心を踊らされました。

 楽器屋巡りの最後は大久保のバーチーズでした。ここのベースの在庫は、ハイエンド~ヴィンテージ~国産~ヴィザールなど振れ幅がとても大きくて眺めるだけでとても楽しめました。専属リペアマンの齋藤さんの作業台上にどんな工具があるのかもしっかりとチェックしました。

 日頃は楽器屋の無い田舎に住んでいるので、年一の東京での楽器屋巡りで多くの情報を入手できて楽しめました。

 情報と言うと、楽器屋巡り後の飲み会で更に多くの情報収集ができました。バーチーズのオーナーの千葉さんも参加されての飲み会ではプレーヤー目線での話だけではなくて、楽器屋さんからのお話が聞けてとても濃い内容でした。

 最近は他のSNSに移行されているのか、ベースblogを継続されている方が少なくなりましたが、この日お会いした3人のベースブロガーはまだまだ大丈夫のようで安心しました(笑)。私もネタは減ったもののなんとか継続していこうと思っています。

 すわべさん、OCQさん、shinmei_tさん、そして千葉さん、この日のお付き合いをありがとうございました。楽しかったです。又、お会いしましょう。

IMG_4752.jpg 私の自分への東京土産はこちらです。弦とヴィンテージ風ワイヤーとピックです。散財せずに済んでいます(笑)。


P.S. 某楽器屋で初めての(らしき)ベースを購入しに母親と一緒に来店していた中学生(らしき)女子が店員さんに要望を伝えているシーンに遭遇しました。曰く、「予算は15万位で少しはオーバーしても大丈夫。アクティブでワーウィックみたいな音がして、5弦でも良い。」うーん、時代は変わりましたね。「おいおい、最初のベースは4弦のパッシブのエントリーモデルにしなさい!」と心の中で大声のアドバイスをしていた私です(笑)。
あけましておめでとうございます

IMG_5253f.jpg


 画像は、先日の朝に自宅近くで撮ったものです。私の住む県内では高速道路が所々でしか開通しておらず、その歯抜け状態を解消すべく自宅から300mの所にインターチェンジを設ける工事が着工となり、橋台が出来上がりました。そこに朝日を浴びてオレンジ色に光る飛行機雲を見掛けたので撮りました。何か色々と気持ちが前向きになる要素が多い画像なので、本blogの2017年初めの画像としました。

 本blog的には、最近はエントリー数が減っています。新たなベース機材を購入していないので仕方ないですね(汗)。昨年購入したのは1本のみで、今年も今のところ欲しいベースは無いので、新規購入ネタは無いと思います。(繰り返しますが、今のところ・・・笑)

 ただし、メンテナンスは常に行っていて、新たなパーツも入手しているので、その辺りのエントリーはボチボチと行っていきます。今年も緩~くお付き合いください。よるしくお願いいたします。
 先日、関西地区を旅してきました。その中で“ベース的”な出来事をエントリーします。



IMG_4244.jpg 旅の初日の日中は神戸で所要をこなし、夜は大阪市内で学生時代の友人達に出会いました。食事後に近くにあったBlues barに入ると、ちょうどBlues liveが行われていました。壁には私の地元にも招聘したことのあるBlues manのフライヤーが数多く貼られていました。


IMG_4240.jpg          IMG_4245.jpg


 ミック・ジャガー似(?)のオネーさんがヴォーカルのバンドと、謎の踊り子さん(汗)がパフォーマンスをするバンドを聴いた後は、友人達と音を出したくなって他のお店に移動しました。



IMG_4251.jpg こちらは店内の片面に楽器やアンプ類が置かれていて、その対面が客席というコンパクトな配置で、どなたでも自由に音出しができるというお店です。


IMG_4253.jpg マスターのお誘いで私達も演奏を行いました。友人の中にはドラマーがいなかったのですが、そこは“現地調達”でバンドの形となり、数曲を演奏しました。


 歌詞やコードの分らない曲は、マスターがネット検索を行いディスプレイに表示してくれて、更に曲の進行に合わせて画面をスクロールもしていただきました。仕切り上手なマスターのおかげで、私達を含む居合わせたお客さん(皆さんがプレイヤーでした)全員が楽しむ事ができました。



 翌日と翌々日は和歌山県内を移動したのですが、その道すがら和歌山市に立ち寄りました。blogでお付き合いのあるサイハテさんにお会いする為です。サイハテさんは島村楽器のイオンモール和歌山店にお勤めで、少しの時間ではあったのですが、私が興味を示したものとサイハテさんがわざわざ持ってこられていた計4本のベースをスタジオで弾かせていただきました。

IMG_4457.jpg


 4本のベースは山口県宇部市に在るギターファクトリーのプロビジョンギターのオリジナルモデルでThunderbird用ピックアップが搭載されたOPBタイプが3本と、サイハテさん所有のGibson Thunderbird Ⅳ 64年モデルです。右端の黒ピックガードのOPBタイプもサイハテさんのベースです。

 OPBタイプのピックアップはどれもモントルーの製品ですが、なかなかの好印象でした。サイハテさんもこのモントルーのピックアップは、私がe-Bayで入手したものと同じ物だろうと推測されていました。

 OPBタイプのボディー材はどれもアッシュで、重量や張ってあった弦による細かな差はあるものの、ロックなキャラを持っているのはしっかりと出音から伝わってきました。ボディー材にアッシュが選ばれているのは“正解”と思われます。ハムバッキング・ピックアップながら4弦の低音はボケずにそして1弦の音は太くて各弦のバランスは良好で、とても弾いていて心地良かったです。

 これならば、Fender系のベースで必要となるケースが多いエフェクターによる太さの加味は不要だなと思ったら、サイハテさんも基本アンプ直で弾かれているそうです。

 そして、Gibson Thunderbird Ⅳ 65年モデルはイメージ通りの出音で、OPBモデルよりはメリハリの効いた感があり、バンドの中でも埋まらない出音です。やはりヴィンテージのThunderbirdは“別物”でした!
 このblogにはベース関連のエントリーのみとしているのですが、“ネタ”不足なので下の画像を投稿します。

IMG_3753_20160725182313773.jpg


 これは、7月14日の夕方に自宅近くで発生した竜巻を撮ったものです。帰宅途中に見かけて、車から降りて撮影しました。画像下に在る家屋の数百m先には日本海があり、竜巻は海上で発生して、画像右側の東から左側の西に移動して、数分後に消えました。

 これまで2回程竜巻を目撃しているのですが、それはどちらも日本海沖の水平線近くで小さく見えていました。しかし今回の竜巻は巻き上がった先が下から覗ける程に近くて大きなものでした。

 こちらでは、本年2月にも夜間に市街地で竜巻が発生して建物や車に多くの被害があったところです。今回は海上だったということで被害は無かったのですが、どちらの場合も竜巻注意報・警報など無かったです。

 地震を含む天変地異は予測が難しいという事で、いざという場合は自分で身を守るしかないですね。今回の竜巻も目の前を横移動していたので、楽観して写真・動画を撮ったのですが、こちらに近付いていたらそんな余裕は無く、ひたすら逃げていたでしょう(汗)。
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム