手持ちの5弦アクティブベースはこれ1本!として愛用しているVestax BV-Ⅴです。

IMG_4261.jpg


 Vestaxオリジナルのアイデアが各所に織り込まれているのですが、特筆すべきは5弦の弾き心地の良さです。3~5弦がブリッジ部での裏通しに対応している(私は5弦のみボディ裏から弦を通しています)のと、ヘッドにアングルが付いているので、5弦に適切なテンション感が加味されていて、4~5弦を移動しても繋がりの良い弾き心地&出音となっています。

 入手してから2年目となるこのVestax BV-Ⅴですが、これまで演奏性向上の為に軽量ペグへの交換・ピックガードとサムレストの装着等のプチ・モディファイを行ってきました。そしてこの度、更なるモディファイを行ったのですが、これは外見では分りません。内部サーキットに手を加えたのです。

 現行のアクティブサーキットを持つベースの多くは、アクティブとパッシブをスイッチで切り換えられるのですが、このBV-Ⅴは常時アクティブのみの状態で出力が大きいので、私が参加しているバンドで持ち替えて使っているパッシブのAmpeg Baby bassの出力に合わせる為に、BV-Ⅴのボリュームを少し絞って使っていました。

 バンドで演奏する際に、ベースソロ等ではマスターボリュームをフルにしていて、これはボリュームツマミを回し切ればよいのですが、そこから元の音量に戻す際にはツマミの戻し具合を目視する必要があり、これを少々面倒に感じていました。

 何か良いものはないかな?と物色していたら、これは!?と思うものが見つかりました。ALLPARTS JAPANの商品名8/10(Eight by Ten)A250K Potというボリュームポットで、「ボリューム“8”の位置にクリックがあり、バッキング⇔ソロの音量切り換えが、正確かつ瞬時に可能なポットです」との商品説明です。

IMG_4262_201703021912453a1.jpg BV-Ⅴのサーキットを事前にチェックしたところ、ボリュームに使われているのはA20KΩのポットで、8/10 PotのA250KΩとは抵抗値が異なるのですが、「何とかなるでしょ?」と楽観的に考えて8/10 Potを購入しました。


IMG_4263.jpg 入手した8/10 Potです。ポットハウジングに凹の切り欠きがあり、ここに内部の凸パーツが噛み合ってクリックが発生します。操作感はセンタークリックがあるEQ用のポットと同様です。


IMG_4264.jpg 基板上のボリュームポットを8/10 Potに交換し、サーキットに戻してアンプからの出音をチェックしたら、ボリュームをフルアップから少し戻した状態で音量がゼロになってしまいました。8/10の音量どころかツマミが8/10の位置でボリューム・ゼロです。


IMG_4265.jpg やはり250kΩの抵抗は使えないですね。無駄な買い物だったか。と嘆く前に2つのポットをよく見比べてみました。ふむふむ、外観は同一とは言えないまでも似ていますね。


IMG_4266.jpg 次に2つのポットをバラしてみました。パーツを詳しくチェックすると基本パーツは同一規格で互換性がある事が分りました。これが8/10 Potの購入時に「何とかなるでしょ?」と考えた要因です。購入検討時の商品の画像でこの2つのポットが同一規格に見えたので、8/10 Potのクリック機能が移植できたら抵抗値の違いは関係無いと判断していたのでした。


IMG_4267.jpg そしてハイブリッドなA20kΩの抵抗値を持つ8/10 Potにすべく、パーツの組合せをシミュレーションした結果、オリジナルのA20kΩのポットに8/10 Potのクリック機能をつかさどる内部凸バネと凹があるポットハウジングの2つのパーツを移植しました。凸バネはオリジナルのポットのシャフトにドリルで下穴を開けた後に極小ビスで取り付けています。このビス固定については後述します。


IMG_4269.jpg かくして“8/10 (Eight by Ten )A20K Pot”となったボリューム基板をBV-Ⅴのコントロールキャビティーに戻しました。ポットハウジングの切り欠きに気づかない限りモディファイした箇所は分りません。


 ボディートップ側のボリュームツマミです。左画像がツマミを10/10(フルアップ)、右画像が8/10の状態です。これまではツマミの取り付けビス穴の位置を目視してツマミの回し加減を確認していたのですが、この動作がブラインドタッチで素早く行えるようになっています。

IMG_4305.jpg         IMG_4306.jpg


 アンプからの出音で8/10の音量の絞り具合をチェックすると、8/10の音量が自分の求める音量よりも下がり過ぎていました。ここで前述した凸バネをビス固定した理由が活きてくるのです。ポットを取外してビスを緩めて凸バネを少し回して音量の絞り具合を変化させました。

IMG_4316.jpg 絞り調整後のクリック状態です。感覚でいうと8.5/10ですね(笑)

 実はこの調整の為に3回ほど<ポット取り外し→ハウジング外し→ビス調整→ハウジング戻し→ポット取付け>を繰り返しました。この作業が今回のモディファイで最も時間が掛かっています。


 この絞りの音量が決まった状態でのプレイ中の、ここぞという時には素早くフルアップできて、そして戻すのもブラインドタッチでOKです。ツマミを目視しての音量調整が面倒くさくて、少し前までは足元にコンプを置いて音量調整を行っていたのですが、これが取り外せたので、ノン・エフェクター党の私としてもとても満足ができる結果となったこの度のプチ・モディファイです。
スポンサーサイト
 これまでで、フロント用とリア用のピックアップのセットを入手して、ESPのThunderbirdにインストールした事を記事にしていたのですが、その後に弾いていると気になる箇所が浮上してきて、またイジってしまいました。

IMG_4222.jpg これが ・・・、


IMG_4223.jpg こうなったのですが、どこをイジったのか分りますか?分かり難いですよね?実はピックアップを前後取替えしてみました。


 私はThunderbirdをピックメインで弾いていて、それもリア・ピックアップ上でピック弾きした出音を気に入っているのですが、その際にリア・ピックアップのメタルカバーにピックが当たると“カツッ”という打音がアンプから聞こえるのです。

 しかもこのヴィンテージのリア・ピックアップは、所有するThunderbirdに取り付いているピックアップの中で最も大きく打音が聞こえるものでした。そして、そのリア・ピックアップと比べると、同時に取り付けたフロント・ピックアップは最も打音が小さいピックアップなのでした。

 そうならば、気になる打音を解消する為にフロントとリアのピックアップの位置を交換してみたのです。その際は、ピックアップの特性を考えてセッティングをおこないました。元のリア・ピックアップはフロント用と比べてコイルの巻き数が多くて出力が大きかったので、それをフロントに取り付けた際にはボディーに沈め気味に、そしてリアに取り付けたピックアップは弦に近づけて、元と出音の差を感じられないように配慮しました。

 ピックアップを前後交換し、以上のセッティングを施した後にアンプからの出音を確認しました。交換したリア・ピックアップの上でのピック弾きは打音がしなくてストレスが無くなったのですが、音質的にはやはりフロント・ピックアップの太さが強調されて、リア・ピックアップのゴリゴリ感が薄れています。

 このESP Thunderbirdにヴィンテージのピックアップを取り付けした当初の出音があまりにも良かったので、ピックアップ交換後の出音には満足できない結果となりました。

 さて、どうするか?となるのですが、以前に68ノンリバースのピックアップを分解して打音対策を試みた際に良い結果とならなかったので、今回はプロのショップに対策を依頼する事にしてピックアップを送りだしました。好結果の対策が得られれば嬉しいのですが・・・。

IMG_4333_20170228201751976.jpg リア・ピックアップを外したままにはできないので、手持ちの(モントルーと同じと思しき)ピックアップを取り付けしました。アンプからの出音をチェックすると、フロント・ピックアップとの混ざり加減に違和感がありました。やはりヴィンテージのThunderbirdの出音はヴィンテージのピックアップが作りあげていることを今更ですが認識する結果となっています。
 広島のバンド友達から対バンライブへのお誘いがありました。

170218ya.jpg


■ 日時 2017年3月26日(土曜日) 18:00開場 18:30開演
■ 場所 【音魂(おんたま)】広島市中区富士見町1-1 熊本ビルB1F
■ チケット代 2,000円 1ドリンクオーダー願います
■ 出演(順) ARGUS 18:30 ~、Ice Cream Cake 20:00 ~

 ARGUSは私が参加するWishbone Ashのコピーバンド、そして対バンのIce Cream Cakeは友達が新たに立ち上げた第2期Jeff Beck Groupのコピーバンドで、バンド名は当時のLPに収録されていた曲名からつけられています。

 コピー元の両バンド共に1970年代に活動したイギリスのバンドという事で、対バンイベントのタイトルは“70’s British Rock Night”となっています。プレイするのは全員日本人ですが・・・(笑)

 お近くの方はお越しください。
 2月18日(土)の夜は地元のSUN MOON HALLでのイベント“Let's Dance vol.2”に出掛けてきました。この日は地元の女性DJのKちゃんの主催でダンスイベントがあったのです。

IMG_4229_20170220183227872.jpg いつものSUN MOON HALLのホール内が、この夜はレーザーが舞うクラブに変っていました。


IMG_4231_2017022018321819d.jpg 福岡からのゲストDJ SAKAIさんの操るターンテーブルには、私も同ブランドのベースを持っている(今は無き)Vestaxのロゴが・・・。楽器メーカーの後はDJ機器メーカーとして一時は大人気のブランドでした。


 第一部のDJタイムの後の第二部は、生バンドでのダンスタイムです!(古い言い回し・・・笑)

IMG_4226.jpg


IMG_4225_201702201832142c8.jpg こちらも福岡からのサックスプレーヤーCANAさんをフューチャーして、私が招集したバックバンドで往年のR&Bを演奏しました。


 現在はディスコバンドに参加しているというCANAさんのプレイはとてもFunkyで、DJタイムでは踊りたくても恥ずかしがって腰だけ動かしていたお客さんも立上って踊っていらっしゃいました。

IMG_4227.jpg         IMG_4228_201702201832149d4.jpg




 この夜は9人編成のバンドになるのが分っていたので、多くの上物を下から支えるベースはこれしか無いという事で持ち出したのは63PBです。ライトアッシュボディーで沈み過ぎないキャラの出音は真空管アンプのAmpeg SVT-VRともマッチングが良くて、気持ち良くプレイできました。



 主催者のKちゃん、DJ SAKAIさん、CANAさん、この夜はお世話になりました。バンドメンバー全員が楽しめました。そしてSUN MOON HALLのオーナーtomoさん、又のイベントの際も力添えします。今後ともよろしくお願いします。
 入手したヴィンテージのThunderbird用のピックアップのセットの内で、リア用をⅡからⅣへのモディファイ中の64Thunderbirdリバースに取り付けしたいのですが、その64 Thunderbirdリバースはフレット打ち替えの為にギターメーカーに長期入院中で、退院の目途は立っていません。

 せっかく、フロント&リア用のセットが揃っているので出音を聴きたくなって、両ピックアップをESPのThunderbirdに取り付けてみました。ピックアップの交換はサクッと終わったので、早速アンプに接続して出音をチェックしました。

IMG_4107.jpg


 このESPのThunderbirdの入手時にはESPオリジナルのピックアップが付いていました。そのピックアップはEpiphone-Japanや現行USAのものに通ずるブーミーな音色なので、私の好みと合わずにSeymour Duncan Custom Shopのピックアップに交換していたので、今回はDuncanのピックアップとの出音の比較となります。

 先ずは音量です。Duncanのピックアップのコイルの直流抵抗値は11~12kΩ、交換したヴィンテージ・ピックアップは7~8kΩという数値が示すように、アンプからの音量は少し下がっていたので、アンプのボリュームツマミを若干右に回しました。

 そして肝心の音質ですが、これは良い!好みの音質です。Duncanのピックアップよりも出力が低い分、アンプの入力部での歪具合が減少していて音像がクッキリとしています。

 ピックアップの構造がハムバッキングなのでアンプでドライブし過ぎるとブーミーな音色になるのですが、このヴィンテージ・ピックアップではドライブ感はありつつもクッキリとしたベースラインがアンプから聞こえるという、私の求めるベースサウンドにかなり近い音色になっています。

 気を良くして、手元にもう一本あるヴィンテージ・ピックアップの取り付いている68ノンリバースとの出音を比較しました。2本に張られている弦は共通、ピックアップ~弦の離れも同様にセッティングしています。

IMG_4106_201702051828154ad.jpg


 この68ノンリバースの2個のピックアップの抵抗値は以前測定した事があって、8~9kΩとESP Thunderbirdに取り付けたピックアップよりも各々1kΩほど大きいのですが、アンプからの出音は抵抗値の違いに関係なく、68ノンリバースが少し小さな音量でした。

 音質もESP Thunderbirdよりも低域に沈んで落ち着いたものでした。ESP Thunderbirdがロック向きとすれば、68ノンリバースはブルースに合う感じですね。

 この音質の違いの要因を詳細に言及する事はできなくて個体差によるものとするしかありませんが、どちらのThunderbirdも私のイメージするところの“Vintage Thunderbird”の音がするのには間違いがありません。演奏する曲のジャンルで使い分けすれば良いだけです。

 64 Thunderbirdリバースの退院はまだ先になりそうなので、しばらくはこのままESP Thunderbirdに取り付けたままで、心地良い出音を楽しんでいこうと思っています。
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム