IMG_7055.jpg 学生時代に所属していた軽音学部のOB会に参加してきました。会場は大阪府吹田市に在るLive bar【Take Five】です。名前から推測できるように通常はJazz barとしての営業なのですが、OB会当日は午前から夕方まで借り切って、リハ~OB会本番を行いました。


 十学年くらいにまたがった年代のOBがそれぞれ当時に組んでいたバンドを復活させて演奏するというスタイルでのステージが繰り広げられました。日頃は演奏活動を行っておらずこの日の為に練習を続けてきたバンドや、メンバーが全国各地に点在しているので前泊して練習したバンドもあったようで、それぞれのOB会への参加スタイルとなっていました。この日の為に楽器を新調したOBが、知る限り3人はいましたね(笑)。

IMG_7035.jpg         IMG_7036.jpg


IMG_7039.jpg         IMG_7042.jpg


 この日に参加したOBは40~50名はいたと思われます。私は参加者の中では“年長さん”の範疇となり、若い(と言っても皆オジサンですが・・・笑)方々とは学生時代には面識が無かったのですが、2年毎に行われるOB会に今回で3回目の参加となるので、名前は分からずとも顔見知りは増えてきました。特にベーシストとは皆さんお話しさせていただきました。

IMG_7051.jpg         IMG_7059.jpg


 会場の【Take Five】はとても立派なハコで、地下1階に広大な空間が設けられています。今回OB会で使用したのは中央部の半分程度のスペースでした。

IMG_7065.jpg


IMG_7067.jpg


IMG_7047.jpg 私はこちらのバンドに加わって2曲ほど演奏しました。ン十年前にバンドを組んでいたギタリストやドラマーとアイコンタクトしながら再びプレイできたのは至高のひと時でした。


 【Take Five】での演奏以上に盛り上がったのは居酒屋での二次会です!(私は車の運転があったので飲めなかったのですが)お酒が入ると当時の宴会の再現です(笑)。私が学生時代にイジったギターやベースを後輩達がまだ何本も所有していて、(当然ですが)その全ては今やヴィンテージ楽器と呼ばれています(汗)。その改造裏話は後輩達の内で、もはや“伝説”となっていたようで、詳細を聞きにくる後輩が何人もいました(笑)。

 今回のOB会の幹事さんには大変お世話になりました。素敵なハコでの演奏、そして二次会と十分に楽しめました。次の開催時にも参加できたらと考えています。
スポンサーサイト
 開催日が前後しますが、こちらは1ヵ月先のLive案内です。

IMG_6747b.jpg

 2ヵ月先なのですが詳細が決まったので、Live案内をします。

IMG_6743b.jpg


 ドラマーは ・ ・ ・ 、ポンタさんです!!
 当初は2~3週間での納品という予定がずれ込んで2カ月後に戻ってきたThunderbirdのリアPUです。

IMG_4948_2017061413350738c.jpg 裏面を見ると、①コイルからのリード線2本が熱収縮チューブで延長されている。②PUカバーと裏蓋とが6カ所の半田付けで止められていたのが中ほどの2カ所のみになっている。


IMG_4952.jpg 側面では③裏蓋がPUカバーから1~2mm浮き上がっている。


 等が外部から見える元からの相違点となっていました。又、画像には無いのですがテスターでの直流抵抗値の測定では9.08kΩで、元の9.45kΩから幾分抵抗が減少していました。

 ショップにPUへの作業内容を確認すると、「コイルをポッティングして巻き線の固定、2個のコイル固定、カバーとコイルの固定接着」との事で、徹底した打音対策がなされたみたいです。

IMG_4956.jpg PUカバーと裏蓋の隙間や裏蓋の開口穴から覗いてみると、(画像からは分かりませんが)カバーとコイルの間に白のシール剤が挟まれているのが分かりました。このシール材の厚みで裏蓋が浮き上がっていたのです。(以前に私も同様にシール材での打音対策を行ったのですが、その際はシール材を薄く塗布したのであまり効果が得られなかったものと思われます。)


IMG_5005b.jpg 上記の相違点に何か手を加えたい気持ちもあったのですが、先ずはPUへのピックの打音がどうなったのかをチェックしたかったので、対策済のリアPUをESP Thunderbird Ⅳに取り付けしてシールドでアンプに接続しました。


 そして先ずは無対策のフロントPUのメタルカバーをピックで叩くとカバーとコイルの間に隙間があるのが手応えとして感じられて「コンッ」と聞こえるのですが、次に対策済のリアPUカバーを叩くとデッドな反応でした。さすがにアンプの音量を上げると小さく「コン」となるのですが、その時は弦の出音が大きくなっているのでマスキングされて気にはなりません。

 この度の対策は大正解でした。コイルを蝋でポッティングすると出音が変わってしまったという報告例があります。確かに緩く巻かれていたコイルが固まるとなると出音が変わる要因となるでしょうし、先に記したように直流抵抗値が対策後に若干減少しているのはポッティングの影響かもしれませんが、私としては打音対策前後で大きな出音(音量・音質)の変化は感じられなかったです。

 打音対策後のPUの音色変化を気にする以上に、ピンチヒッターでリアに取り付けていた別ブランドのPUよりも(当然ですが)ヴィンテージPU同士のミックス具合は良くて、ローからハイまでとても心地よい音色となっています。この音色はリプレースメントPUでは絶対に得られないものだと思います。

 そして以下が最も望んでいた効果なのですが、エフェクター嫌いな私はドライブした出音を強いピッキングで得ていたのをこれからはリアPU上でピックがPUカバーに当たるのを気にせずにガンガンとプレイできるようになっています!
IMG_4962.jpg ESPのThunderbird Ⅳモデルにヴィンテージピックアップ(以下PU)2個を取り付けています。これまで様々なPUを試してきたのですが、やはり本物のヴィンテージPUは他とは全くの別物で、太さと歯切れがミックスされた出音でとても気に入っているのですが、大きな難点がありました。


 それはピック弾きの際にPUのメタルカバーにピックが当たった際の打音です。アンプから結構な音量で「カチッ」と聞こえてきて、プレイに支障がある程です。

IMG_4234.jpg 所有するThunderbirdに取り付いているものを含めて、計5個のヴィンテージPUが手元にあるのですが、このESP Thunderbird Ⅳに取り付けたリアPUが一番大きな打音を発生するものでした。


IMG_4239.jpg ゴリゴリ音を出す為にリアPU上でピック弾きする私としては、この打音はどうしても解消しておきたかったので、何とかならないものか?と裏蓋を外してみました。以前68ノンリバのPUをチェックした際は、コイルとメタルのPUカバー間にシール材が挟まっていたのですが、こちらのPUには何も挟まれておらず、PUカバーにピックが当たった音はそのままPUから出力されて当然の如くの構造になっています。


IMG_4247.jpg 上記の68ノンリバのPUは私の手で打音対策を行ったのですが大きな改善は得られなかったので、今回は専門のショップに対策を依頼する事にして、その前にPUの直流抵抗値を測定しておくと9.45kΩでした。


 ショップでの打音対策結果は次回のエントリーにて・・・。
プロフィール

F-nie

Author:F-nie
回りまわって最後に辿り着いた、Vintage Fender Bass
とことん、追求しています。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム